スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログお引越しのお知らせ♪

 ブログのお引越しの準備が整いました

FC2→ライブドアへ転身いたします。

ブログ名は同じです。(↓クリックプリーズ)

うめおにぎりきなこがけ

リンクいただいているみなさま、
お手数ですがURL貼り直しをお願いいたします

なお、データ移行はせずに
FC2はこのまま残す予定にしております。。


ひきつづきご愛顧のほど、
よろしくお願い申し上げます
カモ~ン❤
スポンサーサイト

タイトル変えました~

ゆずが家族になったことに伴い~

タイトルを変えました。

リンクいただいている方々、

おひま~な時でいいので

変更よろしくお願いしますm(__)m


うめおにぎりにきなこかけちゃった(≧∀≦)きもっっ


でもこれは

かわいいかわいいわが子たち❤

うめと希生とゆずの成長記録なのでございます


うめぱぱ曰はく

ついに「夫婦」がなくなったな・・・


あはははは♪




友にゃん ピオンくん追悼

o0800106712633064804.jpg 

昨日 不治の病FIPと闘っていた
にゃタ家のピオンくんが
とっても短い生涯を終えました
nyanだふる・days

彼がにゃタ家にやってきたのは昨年。
まだ1年も経っていません。
保護された時には体に粘着性のものが巻き付いてて
身動き取れない状態。
それをきれいに取って洗って
取り切れないものは毛を切って。

自分でそうなったのか人為的ないたずらか・・
いずれにしても苦難の猫生のはじまり。
にゃタさんに保護されたのはおそらく
生後半年ごろ。
怖い目にあったにもかかわらず
彼はとっても優しく人懐っこく。
先住のにゃタ家のみんにゃともすぐに仲良くなり。

チーム☆悪にも結局入りきれず、
おっとりはっちゃんと仲良しさん^^
腹水がたまって体がしんどい時もはっちゃんに
寄り添ってました。

みんにゃがピオ君に寄り添って。
にゃタ家みんなに愛された子です。

「最後までほんとに手のかからない親孝行な子やった」
とにゃタさんは言っておられました。

症状がどんどん重くなる中、
苦しむのを見るのもきっと辛かったと思います。
でもピオ君、強制給仕もちゃんと受け入れ、
最後の症状が出た時も ちゃんとみんなが見守る中
わずかな時間で虹の橋をわたりました。

寂しいけれど。
病気の苦しみから解放されて
これでピオ君楽になれたかな?

ピオ君が来た時からブログを見てるわたしも
こんなにさみしいんだもん、
きっとにゃタ家はどんだけ寂しいんだろう

長く一緒に暮らした子がいなくなるのも寂しいけれど、
まだまだこれからたくさん楽しいことをしてるピオ君を見たかったという
悔しさのような気持ちが今回湧きました。

短いね 1年半。
ほんとに短くして逝ってしまう子ほど
切なく哀しいものはない。

それも運命だけど
だけど・・・なんかやっぱり悔しいなぁ

o0800060012633064805.jpg 

胸毛がシルバーでめっちゃカッコイイ ピオ君

今 先に逝ったにゃタさん最愛のクリンちゃんとともにいます。

にゃタ家のみんなを見守っていてね。

心からご冥福をお祈りいたします

ひょうたんと里親募集

写真_1~1 

会社のひょうたんです。

わたしは園芸が苦手。。

なので元は園芸からはじまったという
わが社の敷地で楽しむことにしています

写真 
▲ちゃんと人工授粉
「政略結婚」と呼ばれてました


グリーンカーテンにゴーヤときゅうり、
今年は会社も初挑戦のひょうたんを提案してみたのです。

動機はブロ友「こたろう家」のmasutaroさんのブログからです
この方、食べた後のパイナップルからも収穫されるんです

写真_2~1 
▲雌花にはすでに枝豆のようなふくらみが

最初雄花ばっかりで、見つけられなかったのですが
現れ出すとどんどん雌花が!

その後上の写真のように人工授粉させると・・・
(写真が前後してますね

h.jpg 

みるみる大きく!!

hy.jpg  hyo.jpg

hyo.jpg   hyou.jpg

あまりにすくすく大きくなるもんで、
一時会社のアイドル化してました

hyout.jpg  hyouta.jpg

だいたいこんな手のひらサイズで成長はストップしました

何ひょうたんか見ずに買ってこられたそうなので
よくわからないのですが、おそらく
千成ひょうたん??

今も大きさはこれくらいです
後は葉が枯れだして色が枯れた感じになるのが収穫の目安とか・・・
そのあとは中を抜くのに腐らすのですがそれが
汚物的悪臭 という事実を知ったのは
ここまで大きくなってからの話でございました・・・

あとはmasutaroさんのブログを参考にしちゃってます masuさんよろちく


実におもしろいです
成長というものは・・


さて。

成長と言えば
すくすく元気になって育っている
おじょ家の空き家の子猫たちの里親募集告知です

ほんとに。。。
ほんとに頭が下がるのですが
茶トラずを立派に送り出された後も
ひきつづき空き家に住む子猫たちを見守り、
病院でお目目を治療し、
今後もこのような子猫たちが増えないようにと
親だろうとされる母猫たちを避妊
サクラ猫にして現場にリリースされています。

避妊された母猫たちは非日常のことに当然 怖がるのですが
ちゃんと術後のケアもしながらのリリースのうえ、
避妊によって、かかる病気のリスクも減ります

なにより毎度毎度出産で弱ったり 
不幸な子猫がこれ以上生まれないのが
最大のメリットの本当に大切な大仕事です。

そういったおじょさんの努力のもと、
感謝と敬意をこめて 当ブログでも
里親募集の告知に協力させていただきます


この子達を
幸せな家族の一員
にしてくださる方を
募集
します


20130720105626941.jpg 

▲サバトラ白の男の子

ちょっと警戒心がまだあるそうです

かわいい

20130720105628ab3.jpg 

▲キジトラの子・・・むぎわら??

この子は最初からけっこう人懐っこかったっぽいです

かわうぃうぃです

どちらもちゃんとおトイレできるいい子ちゃんです

詳しい彼らの成長ぶりは、
おじょさんブログ「寝子の癒」でご覧ください


保護はとても大変なことだけど、
命をつなぐのはとても意味あることだと思いますにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 





それぞれの命

CIMG2583.jpg 

急に温かくなり、ここ連日 最高気温が25度前後です

30度近くいくときもあるので、なかなか出かけるのも
おっくうになる季節でもあります

でも、それはにゃんずには体をのびのびと伸ばせる
いい時期ということでもあり

真夏に比べたらまだまだ序の口の今の季節を
できれば長めに楽しみたいと思うのであります

さて。
本日はまじめな話

先日保護されたにゃんこたちのこともそうなのですが、

ブロ友さんの中に 愛する家族を亡くした方
今まさに闘っておられる方がおられると聞き、
ちょっと黙ってられなくなったのでちょっと
書かせていただきます・・

(例のごとく、挟む画像は本文と無関係です

CIMG2582.jpg

時が2週間近くさかのぼるのですが、

今月の11日に、ブロ友のおかあさんさんちの
も~ちゃんという うさぎさん
突然虹の橋を渡って行ってしまいました。。
(ブログはこちら→さわさわ

うさぎさんなのですが、共通のブロ友さんを通して
行き来させていただいているブロ友さんです。

あちらはにゃんこについて、
こちらはうさぎさんについて、
同じく家族として愛する動物のいろんな行動に
へ~ほ~!と感心したり、そうなんだ!と発見をしたり


まだまだうさぎさんについては知らないことだらけで、
いろんなことをも~ちゃんから教えてほしかったのですが、
ほんとに急にいってしまいました・・

うさぎでも猫でも犬でも
家族として暮らしている人には
とてもつらい経験です
。。

「少し元気になりました」と、コメント等では語っておられますが、
まだきっとさみしさ悲しさの毎日だと思います。。

わたしも突然で驚いたのでなかなか
どうお声掛けしていいかもわからなかったのですが、
いまはただただ
も~ちゃんのご冥福と、おかあさんさん、おとうさんさんが
まずは1段階、悲しみを越えられることを祈っています。



CIMG2573.jpg 

そして。

同じくブロ友さんのヨモすずさんのところの
ヨモちゃん
が 先日開腹手術を終えたものの、
6センチもの腫瘍が見つかり、
闘病生活がはじまりました。。。

大きすぎるうえ、臓器との癒着があるため、
腫瘍をとることができないということだそうです

「見つけてやれなかった・・・ 」
とご自分を責めておられますが、
ちょっとぽっちゃりさんでもあったため(ごめんね、ヨモ姫
なかなか気づきにくいのもあったと思います。

放っておけば突然ショック死するかもしれない
和らげるだけの治療では半年の命・・・
辛い現実の中で今、一つの決断を下されました


ヨモ姫も辛く苦しい道のりになるかもしれませんが
ヨモすずさんにとっても 気持ちの折れそうな
辛い治療となるかもしれません


治療の選択に関して、賛否両論、あるかもしれませんが、
もしこの記事をご覧の方がございましたら
ブロ友さん問わず、
ヨモすずさんへ一言でも励ましの言葉を
送っていただけると励みになります

ヨモすずさんのブログ「ヨモとる~といっしょ」


(ただし万一、誹謗中傷が寄せられるようなことになりましたら
この記事は消去いたします)



CIMG2573.jpg 

かわいい子らの 異変にわたしはいち早く気づけるでしょうか・・・


家族を亡くすなんて経験、したくない!
だれもがおもうこと。 でも
そう思っていても、逃れられない現実というのは
悲しいかな、実在します・・・

でも、だからと言って放置はできない

なので。

今日もうめ希生 我が家の愛する2にゃんの体を
撫でくりまわしたいと思います

変なか~ちゃんと思わないでね
愛しているよ、おまえたち!!


M家に保護された1ニャンについては近いうちに
きいままブログ(チョ~ひさびさ)の方に載せる予定ですにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 




01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
家族になりませんか?
いつでも里親募集中
ぼくたちのこと

うめまま

Author:うめまま
うめと希生とゆずとの楽しく明るい日々を、「縁」ある方々に贈ります

(右)うめじろう(2009.12.1生):
ママ猫(テトラちゃん)のお腹にいるときに拾われ、優しい飼い主さんの元、母乳で育ったラッキーな子。
数か月間、女の子として育てられるが、途中で男の子と判明。
「うめ」→「うめざえもん~」→「うめじろう」となる。

  
(左)希生ーきいー(2011.6.10生)推定:
うめじろうのおばあちゃん・パパ猫のいるおうちの横の空き地で人為的なビニール袋に入れて捨てられていたところ、間一髪で保護される。3兄弟のうちの1にゃん。
不幸な生い立ちにもかかわらず、愛情ある方々に助けられたせいか何にも恐れないやんちゃな子に育つ。体調を崩しやすいのが気がかり。

(写真未)ゆず(2013.6.10ごろ生)
うめぱぱの会社の倉庫で同年10.10保護される。元は人に飼われていたと推測されたが探し人おらず、あっという間にうちの子になる。食欲がハンパなくなんでも口にするので大変危険な子^^;

ご訪問ありがとにゃんず
猫友ブログ&好きなブログ
うきゆにコメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
うめままにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。