スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運ぶものを買いました!

 今日の希生さん

CIMG1321.jpg

もちろん、いたって元気です
ちょっとハゲが領土拡大しておりますが・・・

むしろ気になる お腹のたるみ


実は今日病院に行くはずだったのですが
今朝になって 急な予定変更があり
行けなくなりました

CIMG1319.jpg

まぁ、いつもと変わらずよく食べよく走り、
今朝もうめぱぱが仕事に出掛けると分かるや
玄関にべったり貼りついてるくらいなので、
1週間ぐらいの誤差は大丈夫かと思います

病院は来週行きます
ご心配おかけしといてすみません




で、今日は別のお話

先日ブロ友さんのヨモすずさんちを訪問しましたら、
お住まいの北海道で震度4の地震があって茶器が割れました~!
と書かれていました

余震と思われる細かい地震はあったそうなのですが、
本震と思われるそれがとても怖かったそうです


ご本人もご家族も、
もちろんにゃんずも無事なのでよかった
のですが、

その記事を読んで すっかりゆるんでいるわたしの防災意識を
すこし持ち直させていただきました

ありがたいです



そこで!

最初に思ったのが 
どうやってうちのガリデブんを運び出すかということで・・・

CIMG1281.jpg 

まえからちょっと目をつけていたキャリーバッグ
買っちゃいました ←まずは形から入る派

ふだんは折りたたんで付属のカバン?に収納されていて、
それをササッと組み立てるとちょっと大きめのキャリーバッグとなります

かろうじて2にゃん、入ります

CIMG1283.jpg

なにより魅力だったのがこちら

下にコロが付いていて、旅行のキャリーみたいに
コロコロ引いて歩けるのです
カッキテキー

これなら重い2にゃんでも大丈夫
(重いのは約1名ですが・・・)

でも、平たんな場所ばかりとは限らないよ !?
と思っておられるでしょうか 通販ぽくなってきた

それならこれはどうでしょう

CIMG1282.jpg 

ランドセルタイプになっております~~~

もうちょっと明るいところで撮った方がよかったですね^^;すみません

CIMG1284.jpg 

ホントの入り口がどこかわからないくらい
開けるところがいくつかあります

まぁ、これで もしひとりで2ニャン運ばねばならない事態でも
急いで避難も可能
かと思われます。。。


じつは、うめが怪我した時、車が使えなくて
歩いて炎天下の中病院に向かったんです。
歩くと結構距離があったのですが、とにかく必死だったので
「タクシーを呼ぶ」ということをすっかり忘れておりまして
腕が痛かろうがとにかく病院へと一生懸命だったのです。

後日、うめの入ったキャリーをもった肩と腕がパンパンになりまして
いつものシップも効かないくらいに触っただけでも痛い状態になりました

それを思うと、うめよりさらに重い希生のカゴも持った状態で
わたし、避難できない!と痛感したのであります

うめぱぱと二人いれば問題ないのでしょうが、
避難するほどの災害時にちゃんと二人そろっているか?って、
そんな保障どこにもないわけで・・・

ということで、今回とりあえず
ヨモすずさんの記事を読んでさっそく迷っていたキャリーを購入したのでした


そして昨日、

これまたブロ友さんのな~こさんちに行ってみますと・・・
さり気に記事にされていますが、ちゃんと玄関に避難用リュックが!!

あ~~~。。。意識が薄いのはわたしだけか
と痛感したのでございます

肝心なとこが抜けてるね、まま

CIMG1288.jpg 

無理だからっっ


うちも避難袋を玄関に置いとかなきゃ・・・
猫飯とか期限の管理もこまめにするって結構大変ですにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ


 

保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 











スポンサーサイト

なんだかわからないモノ

CIMG1225.jpg 

あまりに気持ちよさそうなので、簡単な加工・・・
へたくそだ

  

お盆明け頃から、希生の体で
ちょっと気になっていたものがありました


ちょうどうめの脱臼も治るころで、
希生をいろいろかまっていたときに見つけたのですが、

CIMG1234.jpg 

ハゲたのは、わたしがいじるので
気にして舐めだしたからだと思われるのですが、

CIMG1233.jpg 

ハゲたおかげで写真にとりやすくなりました・・・

なんなんでしょう?これ


毛の根元に黒いものがあります。

うんち?と思って手で取ってみても、
希生が自分で舐めとってみても
取れないんです・・・

お腹を出すたんびにわたしが触るもので、
希生もついつい気になるのか舐めだして
この部分だけハゲができてしまっています

CIMG1232.jpg 

下に産毛もあるし、黒いもの以外はブツブツとかも
見当たらないうえ、
本猫いたって普通どおり、
走り回るは、食欲も旺盛、うんちもおしっこもちゃんと出てます。


なので、うめのすぐ後だったこともあって
もう少し様子見・・・と、
病院を先延ばしにしているのですが

昨日さらに探っていると、
その部分にコブ?なのか血管の太いののような感触

あったので、ちょっと心配になりました

CIMG1224.jpg 

記憶をたどるに、
たしかこのあたりに子猫の時から
ブツの感触がありました

 
乳首かな?とか、
気のせいだったかと思ってうめぱぱに聞くと、
うめぱぱも「あったあった」というのです

もしかしたら先天性の何かかとも思うのですが、
いたって元気で毎日絶好調なもんで、
うっかり忘れていたのです。

でも、さすがに見たことのないものだし、
調べても該当するものが見つからず、
もしこれがポリープとか怖いものだったとしたら
早期発見の方が絶対いいし・・・
(子猫の時からだったとすれば「早期」も何もないですが

とにかく、今度は希生を連れて病院に行ってみようと思います
ワクチンまで待つつもりでしたが、
まだひと月以上あるので待てません!

元気だし・・・ !

それって「大丈夫」という保証になるんでしょうか??
どなたかこういうの見たことある方は教えてください



おまけ


CIMG1226.jpg

めずらしい うめじろくんの ヘソ天

希少価値ですっっ


また来たよ・・・って思われるだろうなぁ
ついでに肥満?のことも聞いてみようにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ


保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 



のびまきうめじろうと もふもふっ子

CIMG2242.jpg 

うさぎちゃんです

昨夜、誇らしげに?うめぱぱが携帯の画像を見せるので
載せてしまいました・・・

猫ブログですが、かわいいものは何でもOKです

CIMG2241.jpg 

実はうめぱぱは設備の仕事をしておりまして。
いろんな現場に行くのですが、
出先で出会った動物たちは 必ずと言っていいほど
携帯で撮ってくるのです

うさぎさんは、学校に行った時に子ウサギたちがたくさんいたので
かわいくて撮ったらしいです

子ウサギたちは、現場に来ているほかの業者さんが
すでに数匹おうちの子にすると予約されているそうです・・・

そういや、ウサギって去勢避妊とかないのかしら??
学校では「産めよ増やせよ」なんだろうか・・・

ふと疑問に思ってしまいました


さて。

元気になりましたうめじろくん

毎朝のひなたぼっこはかかしません

CIMG1251.jpg 

毎朝うめのこのノビノビポーズを見るのが
わたしの日課にもなってます

CIMG1253.jpg 

うふふ 長いでしょ
よく言われるから先に言っちゃった

CIMG1239.jpg 

わたしがなかなか撮れなかった 伸びする時に必ずなる
うめの まきまきしっぽを 
うめぱぱが撮ってくれてました

もっと まきまきになることもあります。
最近 希生もこの まきまきしっぽになるのですが・・・

にゃんこはみんなそうなのかしら?
それともうちだけ??


CIMG1243.jpg 
こらこら 兄ちゃんの肛門をフタするんじゃない


そうそう

猫と暮らす人もそうでない人も大好きな?
モフモフ動画を撮りましたので、
ちょっくら載せちゃいます
(後半、無理やりです)
 




希生のお腹はいろんなものが詰まっています。
脂肪とか脂肪とか
脂肪とか・・ギャヒー

CIMG1236.jpg 

夢とか希望が詰まっているのよ
とか言ってあげたいけど、やっぱりまま、
嘘はつけないんだ

今日は健康診断でした。
うめの一件のときに1.5キロ落ちたのを
その後なんとかキープできました♪
これも、不幸中の幸い?
うめさん、ありがとね^^にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 



ドS?な子

CIMG0868.jpg 
なぜ君はまっすぐ入らないのかね


うめの手も完治し、普段通り仕事の昼休みに家に帰ることもなく、
平穏な日々が戻ってきました

戻ってきたのですが・・・

どうやらわたしの方にトラウマが残ってしまったらしく

うめの脱臼のきっかけになったであろう、
希生坊のうめへの、ちょっぴりSな?愛情表現
戸惑う日々です


CIMG1211.jpg 

うめが寝ていたり、リラックスしている時に限って
彼はやって来て うめ兄の体に
6.3キロの巨体をド~~ンと乗っける・・・
(今朝測定

画像は横並びですが、ほとんどは馬乗りです

CIMG1210.jpg 

でも、うめじろくんも、弟希生坊を舐めてかわいがります

あ~なんて素敵な兄弟愛
血がつながってなくとも、彼らは愛情を示しあう生き物なのですよ


な~んて微笑ましく見てられるのも実はほんの数秒なのですが


きっと希生の方が愛情表現をヒートアップさせてしまうのでしょうが、
この後うめをガブガブ噛みだします

舐めちゃ噛み、舐めちゃ噛み

希生たん ほんと、 ドSな子

CIMG1212.jpg 
寝方がなんか間違ってませんか


CIMG1213.jpg 
つぶれ きなこもち


すべては彼の愛情表現なので どう正してよいやら
ほとほと困り果てる毎日です

甘噛みから本噛みに入るのも早く、
無邪気さも見てるとたまにヒヤヒヤです

CIMG1023.jpg 
かわいいからって 何でも許されると思うんじゃないぞ、こりゃ


最近うめの夜鳴きがすごくて寝不足の毎日なのですが、
(意外と希生はめったに夜泣きしません

うめが あお~~ん うお~~ん わ~~ん と始めると
うるさい! とばかりにうめに突進!!

うめはそれから逃げるためにタワーにダッシュで上り、
逃げ切れればいいのですが
つかまった日には慌てて一気に下まで降りる という

またまた親泣かせなことを夜中に連日繰り広げてくれています

CIMG1216.jpg 
そうだけども うめじろくん たしかに すごい大きな声だよ

うめの夜鳴きはともかく、希生が激しいのは
大人になっていけばすこし落ち着いてくると思うのですが~・・・

せっかくのこんなヤンチャなおもしろい子
本音はちっとも落ち着いてほしくないです

基本仲良しだから問題ない2ニャンだけど
それぞれの怪我の心配をしてしまうと
ほんとにキリがないくらいです

むずかしいですね
これは心配性のわたしのせい

CIMG1209.jpg 
入れ物に入ってると かわいいでしょ みたいな顔をする ・・・

だから、かわいい顔したからって何でも許されないんだからねっ
 ↑ 何でも許してきて これからも許しちゃう飼い主 アハハー

フローリングは着地の時にすべるので
見ててとっても怖いです・・・盲点でしたにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ

にほんブログ村


保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 

希生の困り顔

CIMG1160.jpg 

秋を目前に 収穫された 希生坊

この入れ物、ダイソーで先日買って来たのですが

CIMG1196.jpg 

うめぱぱが、お盆休み中に靴を洗いたい

とのことで、バケツ代わりに買ったものです。

CIMG1169.jpg 

それをなぜだか 希生さんが気に入りまして・・・

静かだなと思って見て見ると

必ずと言っていいほど入っているという

お気に入りの入れ物になってしまいました

CIMG1172.jpg 

これに入っていると 希生が小さく見えて

なんだかとっても可愛らしいのですが、

やはり体の大きさに無理があるようで

ものの数分で出ます。。

そして、また入る

もう少しダイエットしたらいい感じに寝れるかもよ


さて、
そんな無邪気な希生も

うめぱぱにかかると時折 困った顔を見せます


CIMG1151.jpg 

エアコン室外機の排水用にと、どこからともなく

ホースを持って帰ったうめぱぱ・・・

好奇心でジャレまくる希生坊の首にひっかけちゃいました

激しく抵抗するかと思いきや

意外と・・・・何とも言えない表情をしてたので

連写で撮りました



CIMG1152.jpg 

CIMG1153.jpg 

CIMG1154.jpg 

CIMG1155.jpg 

CIMG1156.jpg 

CIMG1157.jpg 

CIMG1158.jpg 

ほんとに物怖じしない子です。。。


ちなみにわたしは5枚目の物憂げな顔が好きです

  

PS:うめじろくんは、16日に病院で「完治」のお墨付き?をいただきました
でも再発?が心配なので、サプリと称した白い粉をいただいてきました
数々ご心配、お心遣いをいただき 本当にありがとうございました
うめまま

またまたうめぱぱに遊ばれた希生坊
男同士で通じるものがあるのかな??にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 


ベッタリなふたり

CIMG1199.jpg 

ぎゃ~

どうかと思うよ その寝顔

CIMG1200.jpg 

いや、ごもっとも

かわいい顔ばっかりじゃないのも 我が猫の魅力ですよね



さて。

だいぶ回復しているうめじろうくんの

最後のテーピング姿です

CIMG1161.jpg 

入れ物に入ってる子のことは今度触れるとして・・・


足先だけ自由になるように
テーピングをカットしたのですが~~

お気づきのとおり、患部も丸出しになっており、
ただの煩わしいリストバンド状態なので、

全部取ってしまうことにしました


CIMG1166.jpg 

見た目に ええ~~って感じなのですが、

途中まではうめさんが自分で舐めてはがしましたのです


CIMG1168.jpg 

約10日間封印されていた左腕を
かなり長い時間 毛づくろいしておられました


スッキリした感が見てて伝わりました~

CIMG1164.jpg 

お手伝いというより 面白がってないかい?希生くん



いつもけんかしたり舐めあったり・・・
見ていてヒヤッとすることも多い我が家の2にゃんですが

うめのテーピングをとった後、
めずらしい彼らを見ることができたので
載せときます

CIMG1188.jpg 

ベランダ越しに くっつくなんて、珍しい のです

CIMG1189.jpg 

しかもそれが うめじろくんからだったりなんかして

CIMG1190.jpg 

希生坊がなんとな~く 戸惑ってる風なのが
ちょっと面白くってみていたら

CIMG1191.jpg 

最後は そっと距離を置いていました


なんだか、いつも逃げ腰のうめと、押せ押せの希生
になったみたいで面白かったです

CIMG1192.jpg 

こちらも珍しい 2ショット

なんだかんだで 仲良しさんでよかったです



おまけ

CIMG1193.jpg 

しばらく テーピングの痕が残ってました



元気になってくれたのは嬉しいですが・・・
ここ数日 夜中に騒ぐのがちょっと辛いです~~にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 



保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 



回復

CIMG1144.jpg 

いよいよ お盆です

うめじろくんもだいぶ元気になり

普段通りの行動が多くなりました


わたしのひざでもすっかり リラックス寝

CIMG1143.jpg 

舌、しまい忘れるほど爆睡


おかげさまで、ここまで回復いたしました

先生方にも感謝ですが、

いろいろ心配してくださった方々にも

心から感謝いたします。

ありがとうございます


CIMG1150.jpg 

テーピングがずれまくって肉球が隠れていたので、
先の部分だけ うめぱぱにカットしてもらいました すべるからね

すでにただの腕バンド状態です・・・


おかげでスタスタ、元に戻したネコタワーにもスイスイ
 
動きが楽になったようです

CIMG1149.jpg 

希生たんにもいっぱい我慢、させちゃったね

お利口さんだったぞ

CIMG1091.jpg 

それって、、、うれしい顔



うめじろくんが遊べない間

希生もひとりでがんばってました


CIMG1128.jpg 

なぜかいつも狭苦しい ドレッサーの椅子の下で寝るのね

拡大

CIMG1129.jpg 

う~~ん

暗くて分かりにくいなぁ・・・


ムギュッとなっているのですよ


CIMG1127.jpg 

ムギュッ


CIMG1092.jpg 

ゲージの上が広くてお気に入りだったけど

ごめんね、さっき片づけちゃった

CIMG1094.jpg 


希生坊くん

うめが怪我して入院している間、ものすごく甘えてきました。

でも、退院して帰ってくると まったく喉を鳴らさず


うめじろさんがゲージにいる間に遊んだり撫でたりしたのですが
なかなかゴロゴロ言わなくて。

それが、うめじろくんの回復とともに
いつもの希生坊に


何にも考えずに本能のままかと思いきや

彼も日に日に大人になっていっているのですね



怪我も病気も仕方ないけど、、
できれば二度と経験したくないですねにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ


 

保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 



ままの心、子知らず

 CIMG1111.jpg 

と、言っているかどうかわかりませんが

朝の日光浴はとても楽しそうです

CIMG1106.jpg 

事件から1週間が過ぎ、

ようやくおもちゃにも興味を持ち出す頃

CIMG1125.jpg 

またもテーピングがずれ、肝心のひじが出ているので

巻きなおしてもらいに行きました

ギブスが大丈夫だったら必要なかったかもしれないのに、

やさしい先生に感謝です

CIMG1101.jpg 

なんだかお久しぶりねのツーショット

CIMG1088.jpg

まだ元気がなくて、久しぶりにおうちに帰ったときのうめじろさんは

すぐにわたしの膝に乗ってきて、

顔を見上げて鼻チューしてくれました

感動しました~~




なのですが

全治二週間という診断のなか、半分の1週間を過ぎるころから

じっとしていることが逆に苦痛になってきている様子の
うめじろさん・・・

休みの日にちょっと大目にゲージから出していると・・・

もうすでにゲージ生活を全面拒否するようになりました

CIMG1133.jpg 

ゲージをガジガジガジガジ・・・

CIMG1135.jpg 

あああ~~~

わたしのかわいい めめたんが崩壊


それでもだめだよとゲージに入ってもらっていたのですが、、、

なんだか歯が抜けてもおかしくないような勢い
ゲージをかじりだし、隙間から顔や手足を出して暴れるので

逆に怪我をするかも・・・と不安になり、

結局ゲージ生活は1週間で終わらせることになってしまいました

体が正常に戻りつつある中で、ゲージはきっと
違和感そのものだったかもしれません・・

CIMG1099.jpg 

希生はこんなにゲージ好きなのに・・・


CIMG1130.jpg 

うめじろさんは ゲージから解放されると
部屋を散歩した後、
見つけた「入れ物」に入って寝ます

CIMG1138.jpg 

とにかく心配でつけまわしたのですが、

意外とおとなしく好きな場所で寝てくれて、ホッとしました。



テープを巻きなおしてもらったときにも、
だいぶ良くなっている と先生にも行っていただいたこともあり、
かなり安心しましたが、
治ってきていることもあって 
ゲージ生活に激しく抵抗
したんだと思います。。

意外と 言うときははっきり言う男です・・うめじろう。。



それよりも、、ゲージに入ってくれなくて不安なのは
飼い主であるわたしの方

あれだけ抵抗されると、逆に怖くてゲージに入れて置けないので、
留守中もゲージ解放させることにしました

ですが・・

いろいろと不安なので、とにかく「高い」ものは削除です


CIMG1137.jpg 

留守中自由にできる範囲で一番危険なもの・・・

ネコタワー倒しました

一番上で180cm。
よくその一番高い狭い場所で希生ともみあいになっている現場を
過去に目撃していたので、
これだけはそのままにして家を空けるわけにはいきません

これはこれで、
いつもと違う形に、希生さん大興奮でしたが・・・



そしてあれから三日

今日10日目も何事もなく
うめさんは日に日に元気になってきています

案の定テーピングはずれまくっていますが、

あえて巻きなおさなくてもいいか・・・

と、このままお盆を迎えようと思います

CIMG1142.jpg 

まったくもって  いろんな場所でスヤスヤと・・・

ままの心 子知らず です


でも、いつものうめじろさんに戻って行くのを見るのは
わたしには最高の喜びです
本当に、ありがたいことです


完治予定まであと少し。
油断せずに見ていくから、
うめじろくん、もう少しだけ、頑張ろうね


P.S.

今朝、いつも見ているZIPで、スマイルキャラバンのZIPPEI君兄弟が
急死したことを知り、とてもショックでした。
事情を詳しく知っているわけではないので、あまり否定的なことは言えませんが、
飼い主としての責任というものを深く考えさせられました。

飼い主が責任もって守らなければいけないものだと。。

もちろん、不慮の事故というものは起こりうるのですが、
それでも・・・
常にそのことを意識しなければいけないと思わされました。

ワンコたちのご冥福をお祈りします。。。






うめはゲージ解放以来、ずっと夜はわたしと一緒に寝てくれます
希生もリラックス度がいつもの調子に戻ってきていますにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 

うめの現状+その頃希生は・・・

こんばんは

平日、無事にゲージで留守番の日々を送るうめじろうさんです

CIMG1073.jpg
 

日に日に元気を取り戻してきているのはいいのですが、

元気になればなるほど ゲージ生活が辛くなるようで・・・

開けろ開けろの抗議の叫びが日に日に長くなっています
ヘタレの飼い主はついつい解放しそうになるのをぐっとこらえる毎日です


何よりも安静第一なので、歩く部屋の散歩以外は
無理やりゲージ生活してもらっているわけですが、

舐めるせいか動くせいか
テーピングが結構ずれていきます

CIMG1074.jpg

今ギブスも合わせると3回目なのですが、
↑写真は2回目の時の状態です。

普通に患部のひじが出てしまって、
ただの長いリストバンド状態


これではもしかして意味がないですよね

というわけで

CIMG1097.jpg 

ちょっと本猫フテ気味ですが、
現在3回目のテーピング中です。

でも・・・実はそれから2日目の今日 
すでに肘が出ている状態なので、

またまき直し・・・4回目に行こうかと思います
先生にも申し訳ないんだよ~うめじろうくん~~

テーピングがずれていると安心して部屋散歩もさせられず、
執事のようにずっと後ろをついて回っています
急にタワーに上るのがすごく心配~

でも、それでもあと1週間!!
うめままはうめと一緒にがんばりますよ~~



さてさて。

そんなうめじろさんのゲージ生活を横目に、

うめの相棒、希生について
久々に申しますと・・・

CIMG1082.jpg 

そのゲージの屋根で 優雅に花火鑑賞してました

まさか家から花火がはっきり見えるとは思わなかったので
なかなか嬉しかったのですが、
奇しくも?ゲージの屋根が希生の特等席となりました・・
(うめじろさんは音にびっくりして飛び跳ねちゃいけないと、一応今年はゲージの中です)



そして・・・もう一つ。


彼は日々、ゲージの中のうめじろさんの

カリカリや水を飲むのを日課にしていました
 
留守中になにを覚えてくれたんだ~~~





このあと、

どこにどう手を入れたら効率よく水が手につくか

を発見したらしく、ひたすら 
つけては舐め、つけては舐めを繰り返しておられました・・・


さらに翌日にはカリカリを器用に取り出し、召し上がっておられ
頭がいいんだな・・・とわが猫ながら感心してしまいましたとさ


彼はやっぱり我が家一番の無邪気王です



今日も帰ったらゲージの水がこぼれてましたよ
なぜ自分のご飯と水を使わないのだ??にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ



保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 

心を鬼に

おはようございます

波乱の一日から一夜明け・・・でございます


昨日の夕方、うめさんを連れて帰ってきました

CIMG1045.jpg 

(バタバタの中、それでも!と思って撮っているのでブレブレです
互いを確かめ合う うめと希生

昨日の昼に病院に電話して様子を聞いてみたら、
前日に持って行ったカリカリは食べたそうで
一応ホッとしたのですが、
トイレは全然していないとのこと

そりゃ帰ったらまたすぐトイレだ!と思い、
夕方ちょっとだけ早退して迎えに行きました。

が、駐車場に車を止めたところで
ち~~~~~~~~~~~~

あ~~~

でも、仕方ありません。
 出てよかったよかった

家に帰って出してあげると ギブスよりずいぶん軽いテーピングのおかげで
ちょっとビッコながらも結構スタスタ歩きます

帰ってすぐの動画です



思ったより元気でホッとしたのですが、

安心して見えてくるのが周りのこと・・・

おしっこくさ~~~~い

CIMG1048.jpg 

おしっこのついた体で部屋中歩いたので
当然ですが、びっくりするほど充満する香り・・・

でも、一番の被害猫は本猫

テーピングにぐっちょりしみ込んだ匂いは
シャンプータオルで拭いても取れません



床は拭けばいいけど
今うめをお風呂で洗うことができるわけもなく・・・

帰ってきたばかりでまたすぐ病院に行きたくなりました

CIMG1050.jpg 

でも、やっと帰ってきたうめさんは

用意したご飯もお水もものすごい勢いで食べる飲む

CIMG1057.jpg 

そして休む

とっても辛抱してがんばってやっと帰れたのです

この状態では またテーピングのまき直しに病院・・・行けません!!
しかももう終わる時間だし・・・

なので結局、
よっぽど本猫が不快でない限りは様子を見ることにしました
匂いは家族みんなで我慢します

  

さて、その後のうめさん

先生によると多少運動もさせないといけないとのことで、
ちょっと自由にさせてみました。


CIMG1063.jpg CIMG1064.jpg

CIMG1052.jpg CIMG1056.jpg

夕方から日が沈むまで
外も確認、ジャイアンに危うく襲われそうになりながらも
おうちを堪能です

しかし、
自由といっても、高いところはNGなので
一生懸命見張っているのですが

猫のスピードに人間がついていけるわけもなく・・・

やっぱりいつもの場所にいきたがるのをなかなか阻止できず。。。

うめ自身は
ゆっくり休みたいのと 匂いが気になるのと
テーピングが気になるのと・・・


とにかく落ち着かずにウロウロウロウロ

こっちは高いところ防止に荷物を置いてみるものの、
気にせず登るのでかえって危ないことに

たまらずゲージに入れると今度は出せ出せと大暴れ

CIMG1072.jpg 

少々の高さから降りる分には痛みは走るようですが
再脱臼はないようで、なんとか今は大丈夫ですが、

それでも夜中はさすがに見ていられないので
無理やりゲージに入れました


ゲージにいったい何を入れたらいいのかさえわかりません
(ごはん水はひっくり返すのでNGでした)

そして昨晩の葛藤

無理やり顔を柵の間から出そうとしてグリグリ
うめの顔はちっちゃいので、ホントに出ちゃいそうで怖い

手を出して横に寝ているわたしをひっかき
出して出してと切ない声で鳴いて・・・

わたしの心の方がポッキリ折れてしまうくらい
うめがかわいそうで切なくて、苦しく
わたしがたまらず泣いてしまう始末

ほんと、ヘタレな飼い主です

でも、そん中うめぱぱの厳しい一言
「うめも試練だけど、〇〇(うめまま)も慣れないと駄目だよ」

ごもっともでございます

そこからは大泣きしながらうめに思いっきり引っかかれながら
説得?しつづけ、うめが疲れておとなしくなるまで横で見ながら寝ました

そして、今朝。
いつのまにか寝てしまってましたが、意外と寝れたような気がします
うめもかなり疲れてましたので。。。

CIMG1069.jpg 

明日からの留守番の予行演習のつもりで
朝のひと時ゲージからだしてみました

ずっと入れておく方がガージ生活に慣れるのかもしれませんが、
ある程度の運動もしないと寝ないだろうし、
第一、ご飯も水もゲージの中ではとらないということが
よくわかったので・・・

わたしもうめもデリケートすぎです

ゲージから出るとやはり、朝ごはんも食べ、水も飲み、

CIMG1070.jpg 

あいかわらず落ち着きはないですが、

ひなたぼっこしたりいろんなとこでゴロンと横になってました。


しかし、
食後にいつものように
ネコタワーにひょいひょい登り、途中で案の定 落下、
しばらく痛そうにしてました(幸い関節ははずれてなさそうでした)

やはり、留守中は完璧ゲージ生活必須です・・


先ほど、わたしの出かける時間に合わせてゲージに入れました
目が合うと訴えられるので
ここも、心を鬼にして無視無視・・・

こりゃ、行ってきます!も言えなさそうです

でも、今回しっかり
入院がうめにとってはすごいストレスというのがよくわかったので、
少々窮屈でも、留守中などにはゲージ生活、してもらいます

心を鬼に

それが今のわたしの超えねばならない試練です



ちなみに、今はゲージで寝ています
ときどき起きて文句を言いますが・・・忍耐!!にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村


保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 


お見舞い

数々のご心配、お気遣いのコメント、
ありがとうございます


猫友・ブロ友さんたちのつながりに
こころから感謝するばかりです


心配してくださる方々へ、
今日仕事帰りにうめの様子を見てきたので
伝えさせてください

 殺風景なので、無関係ですが画像挟みます(^^)
CIMG0998.jpg

昨日の昼から預かってもらい、
午後は休診だったので夕方は電話せず、
今朝仕事場から様子うかがいの電話を入れてみました

とりあえず外したギブスはテーピングに変えて処置してくださったそうで・・・

先生たちを困らせてしまったこと、申し訳ない気持ちでしたが、
頼れるのは先生しかいないので、
ほんと、すがるとはこういうことか・・・とつくづく思いました。

CIMG1001.jpg 

昨晩もずっと心配だったのが、うめさんの
トイレとご飯です

最近はわたしの手からしか食べてないのでは?と思うくらい
甘えようだったので、食べてないのでは・・・?

トイレはそれでも、生理現象なのでちゃんとしていたそうですが、
聞いてみると、やはりご飯はずっと食べなかったそうです。

甘やかしすぎが仇になったか・・・!と後悔しましたが、
昼に仕事で出たついでにこそっと家により、
カリカリと家で昼寝用に使っているカゴのマットを取ってきました。

本当はお昼にでもお見舞いに行きたかったのですが、
昼は手術があるとのことでした。

他のわんこかにゃんこも闘ってる・・・

なんだか心強くなりました

CIMG1003.jpg 

それで、夕方 仕事の後ダッシュで病院へ直行しました。
心臓バクバク・・・

待合室で待つ間の心細いこと・・・

朝の電話では、
ゲージにいる間はテーピングを取ろうとして暴れないものの、
様子を見ようと先生たちが触ろうとすると威嚇して
激怒するとのことでした。
触らせてくれないそうです。 。。

もしわたしも触れないくらいだったらどうしよう・・・
ままのこと忘れてないか?
見捨てられたと思ってないか?

なんか、そう思うと泣けてきて、
待合室で密かに必死でこらえてました
(家帰ったら泣いてやる!!って^^;)


CIMG1004.jpg 

でも、診察室でうめを見て、
うめに触って、うめが「ままだ!」って分かってくれて。

いつもするみたいに鳴いてわたしの手の平に
顔をグイグイ押し付けてくれたときには
わたしもものすごく嬉しくて。

かわいいうめの小さな顔を両方の手の平で包んで
うめのおでこに自分の鼻をつけてスリスリしました

ほんとに、「愛しい」とはこのことです。
ちゃんとわたしを分かってくれる、覚えてくれてる。

先生に「あたりまえです」と
あっさり言われましたが(--:)

でも、すごく感動しました!

CIMG1013.jpg 

ありがたかったです。
うめの変わらぬ気持が(^^)

で、先生に、(病院よりは家の方がいいと思いますが)
「どうされますか?」と聞かれたので、

とりあえず 明日もまだ仕事なので、
日曜日に旦那と一緒に様子を見ます!と答え
うめさんにはもう少しですが、辛抱してもらうことにしました。

CIMG1018.jpg 

テーピングをしたうめの手は先がちょっと見えてる感じで、
自分でちょっと手を付いたりできるようにしてもらってて、
硬いギブスよりはずいぶん楽そうでした。

先生も、ちょっとは動かさないといけないので、
自由に歩かせてくださいとのこと。

その言葉を聞いて安心しました(^^)
走り回ったり希生にちょっかいかけられたりは
やっぱり心配ですが、前よりはずいぶんいい感じです。

それにうめぱぱと二人で見てるなら
トイレも行けるし←昨日はまったく目が離せなかったんです・・・

CIMG1017.jpg 

明日の夕方、うめさんを迎えに行ってきます!

不安もありますが、今からとても待ち遠しいです!!

頼むよ~~うめじろ~~
がんばってくれ~~

そういって今日は病院を後にしました




おやつたくさんあげるからね!!にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 

保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 



脱臼(ごめんなさい、味気ない長文です)

  昨日、ブログ記事を書いた後、
事件が起きました
うめじろうさん、クローゼットタンスから落下し、
脱臼です


いつものようにお気に入りのその場所で寝ていたうめじろさんですが、
普段ならちゃんとほかのタンスをつたいながら降りてくるのに、
ドスン!と大きい音がして。

行ってみると か細い声を出して左手をあげています。
人間で言うとひじの部分が見るからになんか、出っ張ってる??
という感じだったので、そっと触ったら
「痛い!」といったような悲鳴のような鳴き声。

慌ててカゴを持ち出し、病院へ直行です。

いつも留守番の時には閉めている部屋のタンスの上。
静かに寝れるからか、そこがお気に入りで、
わたしが休みの日は責めてと思い、解放してたのですが、
どうやら希生がちょっかいかけに行った模様。。。

希生的には、「兄ちゃん遊ぼうよ~~」なつもりだったと思うのですが、
寝起きのうめは慌ててしまい、しっかり着地できなかったのでは?と推測しています。。

いくら推測したところで後のまつりなので・・・・謝ってもどうしようもない出来事です


病院では事情を説明したら、ちょっとだけ触診の後、すぐにレントゲンを撮ってくれました。
(あとでネットで調べましたが、触診だけでレントゲン撮らずに骨折を見逃す先生もいるそうです。おそろしい)

レントゲンを確認したら、見事にスコンと後ろ側に外れてずれていました。
痛かったと思います・・・
関節周りの骨についてる靭帯をはがした感じになっていると説明を受けました。

麻酔してから位置を元に戻しますが、
脱臼は人間とおなじく、癖になることがあるとか。。。
なので、術後は絶対安静。ギブス生活です。。。

そこで、昨晩は病院に術後の様子を見に行った帰りにゲージを買ってきました。
わたしが仕事の間、うめが高いところに登ってしまわないよう、(今はどんな小さな高さもこわい)
あとは、希生がちょっかいをかけないよう、守る目的で設置です。

そして、今日。
朝一で病院にうめを迎えに行きました。

CIMG1033.jpg

あんまり 痛々しいので画像載せたくなかったのですが、

記録もあるので、載せることにしました。

ゲージの中に布を引いてトイレと水と入れてみたのですが、
先生は3本足で歩けてますとおっしゃるので、
とりあえず自力でできるところを見ようと思ってみていたのですが、

まず慌てて入ったのがトイレで。
でも、手が使えないので、ギブスをあちこちぶつけながら、
砂をまき散らしなんとか用を足し、、、
すぐに疲れ果てたように布の上にゴロン。

「そうそう、横になってなさい」と言いながら、すぐにトイレ掃除をしました
(うめじろさん、トイレの汚れにうるさいので・・・)
さぞ喉もかわいただろうと、水をあげましたが飲まず、もちろんご飯も食べず。。。

ギブスがとにかく不快のようで
3本足で歩くどころか、ギブスを引きずってあちこちに倒れる始末。
しまいにゲージから でようとするので、出してあげるとひょこひょこあるいて隣の部屋に移動。
そうしてようやくご飯も食べてくれました。。

でも、問題はこの後で。

本来ならこんな悠長にブログを書いてる場合ではないのですが、
いまこうしているのは、うめじろうさんが入院しているからです。。。

今日うめさんを連れ帰ってからわずか1時間くらいです。
うめじろくんはどうしてもギブスが気になるらしく、
眠くてうとうとしながらもちょっとした物音で目が覚めて、
後ろ足でギブスを掻いて、はずしにかかるのです。
それも、発狂しながら。

唸り、エビのように飛び跳ね、走り、、、
もう、手が付けられず、抱っこしてあやそうと思っても
普段のスリムさが仇になってか、するするウナギのようにすり抜け、噛みつきひっかきで・・・
これはまずい!とおもって病院に電話してみると、その間にも暴れて
先生と話している時に見事スポ~ンとギブスを脱いでしまいました・・・!

先生も、すぐ来れますか?と言ってくださったので、即答で、「お願いします!」
とまた病院へ逆戻りです。。

昨日の今日なので、ちょっとギブスなしではまた関節が抜ける可能性があるので
ちょっと放置はできないという判断でした。

たいがいのにゃんこは口で取っちゃうとか。
それなら カラーで対応するそうなのですが、うめの場合は後ろ足の蹴り・・・

病院に昨晩入院中は実におとなしかったそうなので、先生も安心されたそうなのですが、
家でこんな感じだとさすがに・・ということで、
結局再入院となりました。

たしかに、安静第一なら病院で見てもらう方が一番安心なので、
寂しいですがお願いすることにしました。


CIMG1030.jpg
すっかり もぬけの殻になったゲージ

CIMG1031.jpg 
どういうわけか、希生のテーマパークになっています。


飼い主として・・・
反省すべきはあります。
約2メートルのタンスの上。

でも、若くて軽い猫にとってはそんなに難ありな場所でもない

ということで過信していたのは確かです。
ただ事故る可能性を見つけられなかったわけではありません。

普段から、うめが寝てるとチャチャを入れるように遊んでという気持ちでうめに飛びつく希生の存在。
希生がもちろん悪いわけではありませんが、
カラーボックスの上ですることと、2メートルの高さでするのとでは、
危険も違うということ、そこまで気を付けてあげることはできなかったです。

そんなこと言ってしまえば危険なんてどこにでもある

ですが、そういうことも分かっていて、飼い主としては
うめに「ごめんね」と謝らずにはおれないです。
痛かっただろうに。ほんとうにごめんね。 ままを許して。

でも、

命を失うような事故じゃなくてよかった。
骨折もしてなくてよかった。
わたしが家にいるときでよかった。
病院が開いてて、院長先生がいるときでよかった。
すぐに治療してもらえてよかった。
実際の治療には時間がかかってしまうから不便はかけるだろうけど・・・
でも、また歩ける。走れる。
一緒に暮らせる。



わたしにとって、すごくショックなことでしたが、
よく考えると「まだよかった」と言えることもいっぱいあるんです。
感謝しなくちゃいけません。

反省とともに、こういうことも、しっかり覚えておきたいと思います。。

うめの経過報告はまた。

長文、しかも味気ないの、すみません。
&ご精読も、ありがとうございました。


うめじろさん、がんばろうね
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 



保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 


希生とうめぱぱの天真爛漫さ合戦☆

分かり切ったことですが・・・

暑い!!

こればっかりしか口から出てこないですね



CIMG0997.jpg 

そしてこの暑いのに

箱に入りたがる希生坊

CIMG0996.jpg 

たまに箱でなくてもいいんだ・・と思うことも

何がしたいかよくわかりませんが

きっと彼自身もよくわかっていないことでしょう


そんな天真爛漫な希生坊さんですが、

我が家には天真爛漫さのおいては先輩?
ともいえる存在がいるのを

すっかり忘れておりました

黙ってみてやってください・・・ある土曜日の夜のことです






え~と、うめぱぱです

先日ひっさびさに土日連休がありまして

土曜日わたしが仕事中の自由時間に

YOUTUBEを見ていたらしく(スロット負けてすぐに帰ってきただけですが)、

そこで「ムーンウォークの仕方」という動画を見つけ、


わたしが帰るまでの間ひとりで練習してたそうです
他にすることはなかったのか!

動画は、その成果??を披露してくれている場面です


希生が呆れたように?じっと見てるのがまた
彼の優しい部分を垣間見たようで新鮮ではあったのですが・・・

天真爛漫と言っていいのかわかりませんが

そういや、確かにだいたいにこういう人でした
 
常に明るくて無邪気な人です

でも・・・

CIMG1016.jpg 

希生坊の天真爛漫さの方が

ずっとかわいいけどね~~

CIMG1011.jpg  

うめぱぱも希生も、いちいちおもしろいですよ


よく考えたらうちはわたし以外
みんな男子ではないですか~~にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 

07 | 2012/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
家族になりませんか?
いつでも里親募集中
ぼくたちのこと

うめまま

Author:うめまま
うめと希生とゆずとの楽しく明るい日々を、「縁」ある方々に贈ります

(右)うめじろう(2009.12.1生):
ママ猫(テトラちゃん)のお腹にいるときに拾われ、優しい飼い主さんの元、母乳で育ったラッキーな子。
数か月間、女の子として育てられるが、途中で男の子と判明。
「うめ」→「うめざえもん~」→「うめじろう」となる。

  
(左)希生ーきいー(2011.6.10生)推定:
うめじろうのおばあちゃん・パパ猫のいるおうちの横の空き地で人為的なビニール袋に入れて捨てられていたところ、間一髪で保護される。3兄弟のうちの1にゃん。
不幸な生い立ちにもかかわらず、愛情ある方々に助けられたせいか何にも恐れないやんちゃな子に育つ。体調を崩しやすいのが気がかり。

(写真未)ゆず(2013.6.10ごろ生)
うめぱぱの会社の倉庫で同年10.10保護される。元は人に飼われていたと推測されたが探し人おらず、あっという間にうちの子になる。食欲がハンパなくなんでも口にするので大変危険な子^^;

ご訪問ありがとにゃんず
猫友ブログ&好きなブログ
うきゆにコメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
うめままにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。