スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取砂丘を満喫!その1

CIMG0294.jpg

謎の言葉を残しつつ(^^;)

GWは近場で楽しもう!ということで、行ってまいりました

うめパパ砂丘に参上 

生まれたときから地元ティ(古?)であるだんなっちも「」だという鳥取砂丘
遠路はるばるやってきた友人家族とともに行ってまいりました

写真が多いため、本日2本組でブログ更新です
お時間のある方はぜひ ご覧くださいにゃんこ抜きなのごめんなさい


CIMG0344.jpg 

幸い前日昼には雨も上がり、天気は上々でございました

CIMG0345.jpg 

本当は「砂の美術館」目的だったためにお出かけ靴を履いてきた私。
(砂の美術館は2本目に

砂丘の砂はとても細かくて、すぐに靴に入るので
裸足で歩くことにしました

が、これがまたすんごく気持ちがいい

最初ゴミの心配をしましたが、
そんなものは落ちていなくてほんとにサラサラでした

砂丘行くなら素足が絶対おすすめ
(真夏はやけどに注意

CIMG0349.jpg 

はじめはちょっと入ってみてみるだけのつもりが
この砂の気持ち良さと風景に惹かれて
どんどん足が進みます
(先に行くのは友人の息子)

CIMG0352.jpg 

まさに 雄大な景色の中

CIMG0350.jpg 

いつの間にか先へ先へと進むうめぱぱ・・・


CIMG0355.jpg 

ずっと若い友人の息子ですら避ける中、
あえて急斜面にも挑戦するのは
若さゆえか、その雄大な自然に魅せられたせいなのか・・!!

CIMG0357.jpg 

・・・
やはり年々 年はとっているようです


久々の登山を経験し、

彼らに続いて到達したわたしたちは・・・

CIMG0362.jpg 

砂丘の丘から 夕日に包まれた 
日本海の風景を目の当たりにすることができました


CIMG0363.jpg 

素敵です~~~

あ~ なんと人間はちっぽけなことか~~


今回、お互いのにゃんずはおうちでお留守番の「猫好き2家族」。
ワンコを連れてきている人たちは結構いっぱいおられて、
ついついうちの子たちを連れて来たら大喜びするだろう 
話しながら歩きました
(もしかして喜んでホリホリして ○○○しちゃうのかもしれませんが


子供たちも大はじゃぎで走り回っていました
特に遊具があるわけではありませんが、
パラグライダー
サンドボードも教えてくれるそうです
(今回時間がなくて未体験

ぜひぜひ、おすすめ鳥取砂丘です

CIMG0361.jpg 

夕日をバックに素敵なデート風景

今回にゃんじゃないけど 一応貼り付け→
山陰は暗いけど、観光地だけに素敵な場所がいっぱいですにほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 

 

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

わぁ~、素敵(^o^)
夕日に包まれた日本海の風景、吸い込まれそうです(^-^)
鳥取砂丘が近くにあるなんて、羨ましい♪
それにしても広大ですね!
人間の存在が、本当に
ちっぽけに見える瞬間ですね(^-^)

希生ちゃんの謎の言葉、気になります(笑)

こんなとこ登ったわ~。
子供のころ何度か行って、らくだに乗った写真とかありますよ。
やっぱ近くだと余計にいかないんですよ。

まあさんへ

こんばんは(^^)
田舎にいるからこそでございます。
観光地に住んでいるとなかなか楽しめる!と思える年になりました(^^)♪
広大なものを見ると人は癒される生き物ですね。。
ホントはうめや希生も連れてきたかったです(≧ш≦)

希生の頑張っている姿はまた次回に❤

な~こさんへ

こんばんは(^^)
そういやわたしも子供のころに一度連れてきてもらっているはずなのです。
弟のラクダに乗った写真が記憶にあるので。
わたしは怖がって乗らなかったとか・・今思うと惜しいことをしました(≧Д≦)残念!
今回は時間もなくて日も沈みかけだったので砂丘を歩くだけだったのですが、あの感触の良さに、ぜひまた来たいと思いました(^^)
そうそう、おっしゃる通り、「近いと行かない」もんですね(笑)
USJも結局行かぬままこっちに嫁いできてますしね(^^;)
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
家族になりませんか?
いつでも里親募集中
ぼくたちのこと

うめまま

Author:うめまま
うめと希生とゆずとの楽しく明るい日々を、「縁」ある方々に贈ります

(右)うめじろう(2009.12.1生):
ママ猫(テトラちゃん)のお腹にいるときに拾われ、優しい飼い主さんの元、母乳で育ったラッキーな子。
数か月間、女の子として育てられるが、途中で男の子と判明。
「うめ」→「うめざえもん~」→「うめじろう」となる。

  
(左)希生ーきいー(2011.6.10生)推定:
うめじろうのおばあちゃん・パパ猫のいるおうちの横の空き地で人為的なビニール袋に入れて捨てられていたところ、間一髪で保護される。3兄弟のうちの1にゃん。
不幸な生い立ちにもかかわらず、愛情ある方々に助けられたせいか何にも恐れないやんちゃな子に育つ。体調を崩しやすいのが気がかり。

(写真未)ゆず(2013.6.10ごろ生)
うめぱぱの会社の倉庫で同年10.10保護される。元は人に飼われていたと推測されたが探し人おらず、あっという間にうちの子になる。食欲がハンパなくなんでも口にするので大変危険な子^^;

ご訪問ありがとにゃんず
猫友ブログ&好きなブログ
うきゆにコメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
うめままにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。