スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希生がうちの子になった理由

嘘のような手のひらサイズその2 

この超かわいい手のひらサイズの茶トラボーイは

だ~れだ




CIMG0604.jpg 

おいらだよ~~ん


ほんとに・・・・
ホントにおっきくなるものでございます


さて。
今回と次回は、
6月10日(推定)に1才を迎える 希生を祝って、
ブログ内でタイムスリップしたいと思います
(単に過去記事紹介すればいい話と言えばそうなのですが・・・)


エピソードをご存知の方も、そうでない方も
楽しんでいただけたらなぁ~~
と思います



はじめて 希生に会ったのは
2011年の7月半ば。


うめじろさんに兄弟というかお友達がほしいなと
ちょうど思っていた時に突然舞い込んだ話でした。

ビニール袋に入れて捨てられた子猫が3匹。
カラスが狙う中、瀕死の叫びを聞いて間一髪、保護したとのこと。

発見時は目も開かないほど小さく、生まれたばかりであろうとのことでした。
ビニール袋に入れられたという人為的なニオイに信じられない思いでした


保護してくださった方は今まで多くのにゃんこを保護してきた
ベテランにゃんこ先生
実はうめじろさんのおばあさん猫、お父さん猫も保護してくださった、
いわば うめじろさんの親戚のようなおうちの方です。

とにかく猫たちをことのほか大事に思っておられる方で、
希生たち兄弟に会わせていただいたときにも、
ホントに大事に育てねば!と強く思ったことを今でも覚えています。

まだ3にゃんのうちだれを迎えるかを決めかねていたころ、
うちに来ていただいたところです


2011.7 希生夢生悠生 

元気いっぱいのチビタチ

色柄がじつにまちまちなので、
どんな親猫の子なのか、もしくは兄弟ではないのかなど、
全く詳しいことは不明。

分かっているのは 保護された彼らが人工猫ミルクでも
無事に1ヶ月を乗り切って元気でいるという事実です

ここで 希生の兄弟をご紹介

mei.jpg 

このときはすごいおとなしかった 夢生(めい)くん。

yui.jpg 

紅一点のヤンチャ姫 悠生(ゆい)ちゃん

かわええやないかい 

我が子 希生も、どうです、この可愛らしさ

みんなそれぞれ可愛らしくって、
ホントはみんなまとめて里子にしたかったのですが、
当時 実家暮らしのわたしには、1にゃんを里子するのが精いっぱいで・・・
(幸いすぐにみんな里が決まったので結局問題なかったのですが。。)

この3にゃんから選ぶには本当に悩みました。

なぜ希生がうちの子になったかというと

この 生後44日くらいの時点で、
3にゃんのうち、夢生ちゃんと悠生ちゃんがよく2にゃんで遊んでおり、
希生だけはすでに別行動をしており

ひそかに悪さ 

(見えにくいですけど、希生を探してみてください。)

どんどんいろんなところに探検に行く、
ちょっと独立した子だったのです。

「おとなしい子にしてみては?うめが男子だから女子がいいのでは?」
という義母の意見もあったのですが、

もしかしたら仲の良いメイ氏・ユイ姫を
一緒にもらってくださる方がいるかもしれない!
と思い、保護主さんが帰るころには
希生坊がうちの子決定となっていました

結局 みんなそれぞれバラバラに
先輩にゃんこのいるおうちへもらわれていったのですが・・・

でも、きっとメイ氏ユイ姫のおうちもそうだと思いますが、
うちも、希生が我が家の我が子になって
本当に良かったと思っています


おかげでいろいろ波乱な毎日
楽しめています

希生に出会わなければわからなかったこともいっぱい
笑いもいっぱい
驚きもいっぱい
毎日を楽しくしてくれているのも
彼らです


ハラハラがいっぱいですが、
無事に1才を迎えてくれることを
心から感謝しています


次回は写真いっぱい載せちゃいます

ちなみに、希生の名付け親はわたしたちではなく、
保護して最初の1か月間毎日寝ずに猫ミルクを与えて育ててくださった、第2の実家の方です。
「生きてほしい!」という強い願いを込めた素敵な名前をみんなに
つけていただき、その方の願いもあって、名前もそのまま その方の思いも、
希生と一緒にもらい受けました。


捨てられた仔は不幸かもしれませんが、
人に拾われて、命を大事につないでくださる方々によって
守られることで不幸を幸福に変えることもできると
心から願い、信じています。
希生たちもどうかそんなにゃんこのうちの1にゃんでありますように
にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村


 


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

もうすぐ一歳・・・
ちょっと早いけど「おめでとう♪」
拾われたいきさつ、うめままさんちの子になった理由
以前、記事を読んで知っていたけれど
運命なんだよね
希生たんが、うめさんの弟になったのも
今ではシックリきてるし
こうなるべくしてなったというか・・・
持って生まれた性格はあるのだろうけど
うめまま一家に貰われたからこそ
全て・・・いや輪をかけて発揮できてるのでしょう・笑♪
後編、楽しみにしてますよん(*^_^*)

ちっちゃい希生ちゃん超かわいい~i-80
希生ちゃんほんと大きくなりましたね~(^^)
うめままさんとうめぱぱさん、そしてうめちゃんの愛情たっぷりのおかげですねi-189
ビニール袋に入れて捨てるだなんて信じられません。
どういう神経をしてるんでしょうか。
こういう人が世の中に居るんだと思うと、ほんと悲しいですね。
でもこうして小さな命を見捨てず助けてくれた方がいるんだと思うと心が温まりますi-189
目も開いてないような状態だったってことは、産まれてすぐ無理やり母猫から奪い、ビニール袋に入れて捨てられたということですよね。想像しただけで、ゾッとします・・・。
心優しい方に見つけてもらい、こうして3ニャンとも素敵な家族のもとで元気に過ごせて本当によかったですね(^^)
世の中、こうして幸せになっていく猫たちはほんの一部なんでしょうね・・・。一匹でも多く、幸せな猫たちが増えることを祈るばかりです。。。
あんずもまだまだ母猫から離れないくらいのときにひとりポツンと痩せ細った体で海岸をうろついてました。
今ではぜい肉がついてしまったほど立派に大きくなりましたが(^_^;)
希生ちゃんもおしっぽちゅぱちゅぱするし、あんずもモフモフお布団ちゅぱちゅぱするし、やっぱり小さいころお母さんから離れるのが早かったからですかねi-238

早いね~。
そうそう、ちっちゃかったわ希生ちゃん。
で、私もそのクリームちゃん(勝手に^^)がいいな~とか言ってたんだった。

5.7kgになったんでしょ、いか丸とほとんど一緒。
いや次はかったらきっと越えてるかも。
重いですね~きてくれるのはうれしいけど。

久しぶりにいろんなこと読んで感動しましたよん。
どこかで一匹でも幸せになりますように…です。

おはようございます。

きゃぁ~~希生ちゃん!!かわいすぎるぅ~❤
今の希生ちゃんを知ってるから、なおさらかわいいなぁ~
あらっごめんね希生ちゃん、今も、おもいっきりかわいいよ♪
でも出会いって不思議ですよね、いろんな出会いがあると思いますけど
この出会いは最上級だぁ~なんて思ってしまいます。
希生ちゃんの、お誕生日楽しみです(^.^)

それから、初めて希生ちゃんに会ったのがで2012年7月半ばとなってますが
2011年の間違いでは・・・
勘違いだったら、すいません(>_<)

可愛いな~ちびっ子希生ちゃん。
でも安心しきって、素直に育ったどすこい希生ちゃんはもっと可愛いですよ。
猫の運命は人間に委ねられているんだなとつくづく感じます。
希生ちゃん兄弟は良い出会いがあって良かった良かった。

きゃあああ(^^)
思わず、「可愛い♪」と声を出しちゃいました(^^)
なんて小さくて、儚げで可愛いの! 希生ちゃん♪
本当に大きくなりましたね!
模様を比べると、希生ちゃんって分かりますが、
その他は面影がなく…(笑)
3にゃんとも可愛かったですね♪
希生ちゃん、こんな小さなころから自立していたんですね!
でも、画像をよく見ると、ビニール袋をガジガジ噛んで、
小さいのに暴れん坊の要素を持った顔をしているような(笑)
希生ちゃん、うめままさんの家族になれて本当に良かったね!
もうすぐ誕生日♪ いっぱいプレゼントがもらえるかな?

本当に捨てられた仔は不幸かもしれませんが、
こうして新たな出会いや、命のリレーを目の当たりにすると、
幸せいっぱいって思いますね(^^)

←ウチもそうです(^^)
 相方と2人でしゃべっていると、よくクロさん嫉妬して、
 同じようにふすまから覗いています(笑)
 トーナメント、お祝いコメント&応援、ありがとうです(^^)
 事件簿は残念でしたね!
 でも、また寝顔が残っていますもんね♪
 もちろん、ポチしましたよ(^^)

にゃタローさんへ

こんばんは!
ありがとうございます(^^)

あの希生きもすっかり大きくなりました❤
今も何やらワイヤーリボン?なんてゆーんだろ、よく袋をクリッと縛ってあるやつ、
あれを追いかけまわして遊んでおります。サッカー??
ドドドドド~~!と走るので うめじろさんは部屋の片隅に避難しています(^^;)

わたしは直接猫を保護した経験がなく、いつもよくしていただいた状態で譲り受けてきました。
そういう点では、ちゃんと保護して里親を探して最後まできちんと世話をされる、にゃタローさんたちをわたしは尊敬しています(^^)
その点、口ばっかりでもっともらしいことを言うのは容易いですから、自分をずるいなと思うこともしばしばです(^^;)
でも、せっかく救われた二つの命を大事に育てることが今のわたしの使命なので、引き続き彼らを愛していきたいと思います❤

今回はおしゃべりが過ぎましたので、次回はしっかりかわいい画像を載せようと思います♪

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

あんずママさんへ

こんばんは!
ほんと、捨てる神あれば拾う神ありという言葉がしっくりくる世の中です。
わたしたちはにゃんずが動物が大好きなのですが、写真を見ただけでしかめ面をする人も、実際世の中にはいるわけで・・・
ビニール袋に入れて捨てた人も、ものすごく無責任で腹が立つのですが、猫好きの方の家の隣に放置していたので、もしかしたら拾われることを願っていたのか・・・??
残忍な行為ですが、その中でも人として少しは血の通った部分を見たい気持ちがなんだか、あります。。

あんママさんのおっしゃるとおり、あんちゃんやうちの子たちのように拾われてちゃんと大きくなれる子は、本の一部だと思います。
でも、そのほんの一部でも命と生きる機会を与えられたことに感謝したいなと常々思います(^^)
あんちゃんも毎日なにげなく過ごしているけれど、それも幸せな証拠❤
いろんな人たちとこうしてコメント交換しながら、「そうそう、うちも!」って言い合えることはすごく幸せなことだと思います。

チュパチュパはどうなんでしょうね?
わたしも同じようなこと考えたことがあります。
母乳で3か月きちんと育ったうめはまったくしないので、そう考えたのですが・・・
実際はよくわかりません(^^;)
最初は希生のふみふみチュッチュを見て涙が出たものです。
ママのを飲みたかったよね?って。
今ではすっかり寝る前の余興になっておりますが・・・・(笑)

な~こさんへ

こんばんは!
ほんとに、な~こさんにはうめじろう時代からずっとお世話になってますもんね(^^)❤
希生たちを紹介した時に、クリームの子って、確かに言われました(笑)
な~こ家にはいない毛色だったので、いい!とも言われていたような。。
確かその時にはわたしたちのなかでも8割がた希生に決まってました(^^)
うちの人がイチオシ。

でもわたし的にはほんとに、許されるなら3にゃんみんな育てたかったんです。
まぁ、猫は単独行動してゆく生き物ですが、飼われるのなら兄弟で育つのもいいやん?と。
でも、もし万が一、またどこかのにゃんこがおうちを探していたら・・・
いきなり4にゃんではうちの子にできない!と思ったんです。
な~こさんちも、最初はな~ちゃんだけだったのが、1にゃん増えまた1にゃん・・・と、少なかったから保護できた部分もあると思うんです(^^)
だから、うちももしかして将来たくさんになるかもしれないけど、今彼らにほかに貰い手があるのなら、欲張ってかわいいから!とすべて受ける必要もないなと思いました。
幸い 素敵な家族にそれぞれ出会いましたし❤

な~こ家のみんなも日々、幸せそうで見ていて和みます(^^)
最初はみんな同じ様な色柄で、みんなキジトラ系だし、誰が誰やら!?でしたけど、だいたい見分けは着くようになりましたしね~~♪←1年以上かかりましたが(^^;)

最初はうめじろさんに似ていると言われていたいかちゃんも、今や希生が後を追うかのように似てきて・・
ほんと、今度計るのが恐ろしいです(--;)
なんだろ・・・5キロ超えると腕にずっしりくるんですよね。
重みの感じが変わるというか・・・
あれ、みんなそうなのでしょうかね~~(^^;)

jibouさんへ

こんばんは!
読んで最後に、きゃ~~でした(笑)
ほんと、間違いです(^^;)
これではまだお腹の中ですやん(≧∀≦)汗
わたし子供のころから「時間」に疎くて、おもちゃの時計を2個、両手に持たされてたんですよ~~・・・
で、すみません。
ただの老化です(--;)
訂正訂正・・・jibouさん以外誰も気づいていませんように・・・
もしかしたらjibouさん、「よく言った!」と思われてるかも(笑)

一番最初の写真は、希生坊が1か月半のころです(^^)
今のチャチャちゃんよりちょっと小さめ(^^)
でも、足の大きな子でした。
それで今のように・・・
チャチャちゃん、足は大きくないかな??

ほんとにおっしゃる通り、わたしも彼らとの出会いは「最上級」だと思います(^^)
かわいくてしょうがなくて、ついつい甘やかしてしまうという・・・
食事に関してはちょっとオニにならねばなりませんが~~

短いスパンよりも長いスパンで彼らの成長を見ていく・・・
これも彼らを大事に育てることだと思っています(^^)
食事制限もその一環。
うめだけに合わせることも希生だけに合わせることもいけないので、折々に彼らを観察してちょっとの変化にも気づいていける飼い主になりたいです(^^)
誕生日が来るとそのたんびに初心に帰っていろいろ思いがこみ上げますね♪
彼らの誕生日はうめままの反省会です(^^)

masutaroさんへ

こんばんは!
どすこい希生も好いていただいてありがとうございます(笑)
どすこいなのにものすごい全身で甘えてくるので いつも笑ってしまいます。
来年はほどほどの どすこい具合 でお誕生日を迎えたいものです(^^;)

この1年で希生という甘えん坊にゃんこに、ずいぶん身も心も翻弄されましたが まだまだ子猫っぷりの残る彼があともう1年でどのように成長していくのか、今からすごく楽しみです。
うめじろさんは1年半ですっかりクールボーイとなってしまって、普通のおもちゃでは遊ばなくなりましたから
(よりリアルな動きを求めておられました)希生もそうなるのか・・・?とちょっと見ものです(^^)

すでにうめぱぱが会社に行くときに玄関から離そうと どんなおもちゃで釣ろうとも微動だにしなくなっています。。
結局重い巨体を「どっこいせ」と持ち上げて離す始末。
誕生日には何か画期的なプレゼントが良いのかもしれません・・・(悩)

まあさんへ

こんばんは!
ホントに・・当初はこんなに「儚げ」でした(笑)
今も一応、儚げに?ゴロンとすぐ横になりますが・・・

まさしくおっしゃるとおり、色柄しか面影がございませんわ(^^;)

誕生日のプレゼントは・・・ちょっとご飯てわけには行かないですよね(笑)
まぁ毎日がプレゼントってことで!・・といううめぱぱのわたしに対する言葉もかわいい希生には言いたくないし(--;)
おもちゃしかないですね。
帰省があるのでちょっと日にちずれそうですが、いいもの探してきます❤

希生の兄弟たちも同じく1才なので、ぜひ会ってみたいのですがなかなかそうもいかず、どうしているのかはわかりません(元気なのは間違いないと思います^^)
でも、少し前に携帯で画像を送っていただいたのですが、なんだかすっかり大人の顔になっていたので、少しショックでした(^^;)
ひ弱でおとなしい印象だった夢生くんはガッチリ男の子らしい体型になり。
よちよちのかわいい悠生ちゃんもすっかり大人の女性に・・・

子猫時代しか見ていないと、妙に大きくなっちゃった姿がなんだか違和感があるもんです。
希生を世話してくださった方たちも、きっとそうなのかも??
うちはブログで日々成長報告のつもりでうめ希生の成長を伝えているのですが、いくら動画で撮って動きを見せていても、実際に会って触ると感動するんじゃないかしら?と思いながら記事を書くことがあります。

その点はブロ友さんたちも一緒で、きっとわたしもクロコルっちに会えば、「これがあの家政婦クロちゃん!ドジっ子コルッチか!!!」と感動すると思います(笑)
毎日触れている自分の子たちが、外の人からすると感動の元だったり・・・
って、なんだか想像すると楽しいです(≧∀≦)♪←ちょっと脱線?

だあれ?このかわいい子v-10っとおもったら なんとー希生君なんだーーv-411一年でどうやってこんなに立派になれるのか(*´∀`*)愛情のなせる業ってもんですねv-344希生君たちとの出会い 怒りと悲しみでいっぱいになりました(´;ω;`)酷い捨てかたした奴バカヤローー!救ってくれた方々ありがとー!
三猫ちゃんの中から希生君がうめままさん家族のもとに残ったのも運命でしたね。名前の由来にも感動v-346 三猫ちゃん本当によかったですねv-353長生きして幸せに生きていってねヽ(*´∀`)ノ生きてくからにゃ楽しく愉快にやんちゃにドジに・・・ってどうしてもコル君と重なるー(ノ∀`)
ダイエット?も健康のために頑張ろにゃi-86おかあさんさん三日で500g減ったv-429と 嬉しくなって晩酌してしもた。。意志薄弱v-292
ジャンル違いのウサギの国からyopparai@mar さん通じ途中から お友達にさせてもらえましたが 側しか解らずでしたが こうやって 生誕出会いなどを 読ませてもらい また一つ愛情をもってブログ拝見できること嬉しく思います(#^.^#)うめままさん書いてくれてありがとv-433

おかあさんさんへ

こんばんは!
おかあさんさんこそ、いつもありがとうございます(^^)
うささんのままなのに、うちの子たちもかわいく思ってくれて、うれしゅうございます❤

希生たちの名付け親のかたは、ほんとうに愛情のある方でしかも控えめ。
実はお会いしたことないのです。。
こっちはぜひぜひ!というのですが、いやいやそんな・・・と遠慮されて。
今年正月、半分無理やりに年賀状を送り、お返事をいただきましたが、ブログもたまに見てくださっているようで、可愛らしいうめと希生のイラストを描いてうめと希生の性格も表現してくださいました(^^)
わたしの宝物で、大事に保管してあります(^^)

ブログでその絵をしょうかいしたかったんですが、とっても控えめな方の許可なく載せるわけにもいかず、保留です。
そのうち、希生坊のメモリアル写真をまとめて送る予定です。

瀕死の状態であろうが、保護して里子に出せるほどきちんと世話して送り出される方をわたしは尊敬します。
ブロ友さん「nyanだふる・days」のにゃタローさんもそんな方のお一人です。
ご自身、心が砕けそうになりながらも彼らを命として大事に育てておられる姿には、日々感動をいただいています。(また時間があったらいってみてください^^)

もちろん、わたしたちの共通のブロ友 まあさんとこのクロちゃんコルッチもその仲の良さに毎回癒されっぱなしです(^^)希生よりもずっとソフトな男子、コルッチのドジっ子ぶりがかわいいですよね!

わたしこそ、まあさんを通しておかあさんさん一家とお知り合いになれたことを感謝しております(^^)
うささんの世界はまだ入りたてで分からないことばかりですが、その分、発見や驚きも多くて結構楽しいです♪
これからもきっといろんなことを見せていただけると期待して、拝見してまいります❤

ダイエットは・・・一進一退!!
こういう点でも励ましあいましょうねっっ(≧Д≦)泣笑
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
家族になりませんか?
いつでも里親募集中
ぼくたちのこと

うめまま

Author:うめまま
うめと希生とゆずとの楽しく明るい日々を、「縁」ある方々に贈ります

(右)うめじろう(2009.12.1生):
ママ猫(テトラちゃん)のお腹にいるときに拾われ、優しい飼い主さんの元、母乳で育ったラッキーな子。
数か月間、女の子として育てられるが、途中で男の子と判明。
「うめ」→「うめざえもん~」→「うめじろう」となる。

  
(左)希生ーきいー(2011.6.10生)推定:
うめじろうのおばあちゃん・パパ猫のいるおうちの横の空き地で人為的なビニール袋に入れて捨てられていたところ、間一髪で保護される。3兄弟のうちの1にゃん。
不幸な生い立ちにもかかわらず、愛情ある方々に助けられたせいか何にも恐れないやんちゃな子に育つ。体調を崩しやすいのが気がかり。

(写真未)ゆず(2013.6.10ごろ生)
うめぱぱの会社の倉庫で同年10.10保護される。元は人に飼われていたと推測されたが探し人おらず、あっという間にうちの子になる。食欲がハンパなくなんでも口にするので大変危険な子^^;

ご訪問ありがとにゃんず
猫友ブログ&好きなブログ
うきゆにコメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
うめままにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。