スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はワクチン その2

うめトイレの掃除を済ませ、


お水もきれいきれいして


さあっ、おでかけだよ、うめちん



普段からだして 遊びの小道具 みたいにしていたせいか、
カゴにはすんなり  入ってくれました
ちょっと歩く駐車場も まったく鳴かず 

よしよし、いい子ちゃんだね

 と、ここまではなんなく クリア
そして画像はここまで・・・


おとなしいと思ったのはつかの間。
車が動き出した途端、一気に不安が押し寄せたらしく・・・
な〜おな〜おと鳴きまくり

話しかけながらもなんとか
うめまま猫の飼い主さん(Kさん)ちに寄って
一路、病院へ

うめさん、車に乗っている間はとにかく鳴く鳴く

病院に入ると今度は 周りの雰囲気 にのまれてか?丸まって大人しくなりました。

そういう 私自身も 
動物病院はホント、生まれて初めてで。
人間の診療所とおんなじ雰囲気だったので、なんかホッとするような よけいに不安のような・・
とにかく、うめ同様、緊張しました


まず、
引渡しとして、診察券を新しく作成してもらい、
とりあえず 待つこと、あっという間。(今日はすいてたようです)
○○うめさ〜ん と呼ばれ、診察室・・・というか、いざ、診察台へ

冷たそうな鉄板(?)の上にうめをかごから出して、
まずは体重測定。
その台自体がどうやら体重計みたいなもんらしく、
簡単に、、「はい、1.8キロですね〜測れました
確実に成長してます


そして今度は先生、うめの顔を見て、
目やに出てますね〜」と。

そうそう
ここで わたしも我に帰り ←はじめてみるものにすっかり圧倒されてました

「うちに来た日あたりからずっと目やに で、くしゃみもたまに・・・」と自白 

目やには結構 楽になっていたから大丈夫だと思っていたんですが、
先生にずばり
「風邪ですね〜と言われてしまいました

か、風邪!?
うちの家がほこりっぽとかじゃなく!?

「体温も測りますね〜」
と、先生ってば テキパキと進む進むあたりまえですけど・・・
うめのおしりにズボッ体温計を・・・

ええ〜←いちいちうるさい

ものすっごい、うめさん、嫌がってるんですけど・・・っ
身をよじりよじり。。。
聞いたことのないような声をだして嫌がってる・・・
なんとなく、聞いていて知っていたけど・・・
実際に 嫌がっているうめを見ると・・・


うめ・・・

なんか、胸が締め付けられるような思いがしました

体温は38度
平熱だそうですが・・・
それでもやっぱり、風邪ですか?
「はい、風邪です。慢性になることもあるんで、お薬出しますね〜
若い女性の獣医さんが にっこり そういいました。


ワクチンしてあるので、そんなにひどくはならないだろうと言うことなんですが、
うっかり。
そういえば、震えていること、あったよな・・・

うめさん、ごめんなさい
そしてうめさんの おしりもごめんなさい

脇で測ったのとあまり変わりないようにも思えるのですが、
やはり、そこは病院。

その後はその場で先生に 目やにの目薬もさしてもらい、
終了・・・


なわけはなく
これからが 本番

ワクチン注射です

さくさくっとなれた手つきで先生が注射を取り出し
助手ががっちり抱っこで押さえ

首らへんに・・・ ブスリ

に@ゃx&#っっっ!!!!!

ものすごい声を一瞬だして、そのあとはもう声にならない感じになって・・・パクパク


一瞬なんですけど、
ほんの一瞬の出来事なんですけど、うめのその声を聞いて
わたしの方が、つい号泣涙ボロッボロです。

情けなや、再びカゴに戻ったうめは シュンとうなだれ、
その飼い主のわたしは涙流して 診察室から出てきました。
 
先生、わたし恥ずかしいよ
ワクチンが一番最後だと 涙拭くまもなく 待合室に戻ることになるよ

受付でティッシュもらってもう少し泣きました。
ホントに情けない飼い主です
一緒に行ってもらった うめままの飼い主さんにも迷惑をかけました
ごめんなさい


はぁ〜・・・

帰ってきて、どっぶり 疲れました
 いただいた薬。
がんばって 飲ませ、さします

うめはなんにも言わずに棚に上って毛づくろいをはじめました

お疲れ様でした
ホントに。

ぐったりです



こっちも試しに貼り付け中
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
家族になりませんか?
いつでも里親募集中
ぼくたちのこと

うめまま

Author:うめまま
うめと希生とゆずとの楽しく明るい日々を、「縁」ある方々に贈ります

(右)うめじろう(2009.12.1生):
ママ猫(テトラちゃん)のお腹にいるときに拾われ、優しい飼い主さんの元、母乳で育ったラッキーな子。
数か月間、女の子として育てられるが、途中で男の子と判明。
「うめ」→「うめざえもん~」→「うめじろう」となる。

  
(左)希生ーきいー(2011.6.10生)推定:
うめじろうのおばあちゃん・パパ猫のいるおうちの横の空き地で人為的なビニール袋に入れて捨てられていたところ、間一髪で保護される。3兄弟のうちの1にゃん。
不幸な生い立ちにもかかわらず、愛情ある方々に助けられたせいか何にも恐れないやんちゃな子に育つ。体調を崩しやすいのが気がかり。

(写真未)ゆず(2013.6.10ごろ生)
うめぱぱの会社の倉庫で同年10.10保護される。元は人に飼われていたと推測されたが探し人おらず、あっという間にうちの子になる。食欲がハンパなくなんでも口にするので大変危険な子^^;

ご訪問ありがとにゃんず
猫友ブログ&好きなブログ
うきゆにコメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
うめままにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。