スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見舞い

数々のご心配、お気遣いのコメント、
ありがとうございます


猫友・ブロ友さんたちのつながりに
こころから感謝するばかりです


心配してくださる方々へ、
今日仕事帰りにうめの様子を見てきたので
伝えさせてください

 殺風景なので、無関係ですが画像挟みます(^^)
CIMG0998.jpg

昨日の昼から預かってもらい、
午後は休診だったので夕方は電話せず、
今朝仕事場から様子うかがいの電話を入れてみました

とりあえず外したギブスはテーピングに変えて処置してくださったそうで・・・

先生たちを困らせてしまったこと、申し訳ない気持ちでしたが、
頼れるのは先生しかいないので、
ほんと、すがるとはこういうことか・・・とつくづく思いました。

CIMG1001.jpg 

昨晩もずっと心配だったのが、うめさんの
トイレとご飯です

最近はわたしの手からしか食べてないのでは?と思うくらい
甘えようだったので、食べてないのでは・・・?

トイレはそれでも、生理現象なのでちゃんとしていたそうですが、
聞いてみると、やはりご飯はずっと食べなかったそうです。

甘やかしすぎが仇になったか・・・!と後悔しましたが、
昼に仕事で出たついでにこそっと家により、
カリカリと家で昼寝用に使っているカゴのマットを取ってきました。

本当はお昼にでもお見舞いに行きたかったのですが、
昼は手術があるとのことでした。

他のわんこかにゃんこも闘ってる・・・

なんだか心強くなりました

CIMG1003.jpg 

それで、夕方 仕事の後ダッシュで病院へ直行しました。
心臓バクバク・・・

待合室で待つ間の心細いこと・・・

朝の電話では、
ゲージにいる間はテーピングを取ろうとして暴れないものの、
様子を見ようと先生たちが触ろうとすると威嚇して
激怒するとのことでした。
触らせてくれないそうです。 。。

もしわたしも触れないくらいだったらどうしよう・・・
ままのこと忘れてないか?
見捨てられたと思ってないか?

なんか、そう思うと泣けてきて、
待合室で密かに必死でこらえてました
(家帰ったら泣いてやる!!って^^;)


CIMG1004.jpg 

でも、診察室でうめを見て、
うめに触って、うめが「ままだ!」って分かってくれて。

いつもするみたいに鳴いてわたしの手の平に
顔をグイグイ押し付けてくれたときには
わたしもものすごく嬉しくて。

かわいいうめの小さな顔を両方の手の平で包んで
うめのおでこに自分の鼻をつけてスリスリしました

ほんとに、「愛しい」とはこのことです。
ちゃんとわたしを分かってくれる、覚えてくれてる。

先生に「あたりまえです」と
あっさり言われましたが(--:)

でも、すごく感動しました!

CIMG1013.jpg 

ありがたかったです。
うめの変わらぬ気持が(^^)

で、先生に、(病院よりは家の方がいいと思いますが)
「どうされますか?」と聞かれたので、

とりあえず 明日もまだ仕事なので、
日曜日に旦那と一緒に様子を見ます!と答え
うめさんにはもう少しですが、辛抱してもらうことにしました。

CIMG1018.jpg 

テーピングをしたうめの手は先がちょっと見えてる感じで、
自分でちょっと手を付いたりできるようにしてもらってて、
硬いギブスよりはずいぶん楽そうでした。

先生も、ちょっとは動かさないといけないので、
自由に歩かせてくださいとのこと。

その言葉を聞いて安心しました(^^)
走り回ったり希生にちょっかいかけられたりは
やっぱり心配ですが、前よりはずいぶんいい感じです。

それにうめぱぱと二人で見てるなら
トイレも行けるし←昨日はまったく目が離せなかったんです・・・

CIMG1017.jpg 

明日の夕方、うめさんを迎えに行ってきます!

不安もありますが、今からとても待ち遠しいです!!

頼むよ~~うめじろ~~
がんばってくれ~~

そういって今日は病院を後にしました




おやつたくさんあげるからね!!にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ 


 

保護猫たちの里親募集してます
うめままのサブログ「きいままのブログ」も見てね

 



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは☆
うめままさんもうめちゃんも元気そうでよかった!
あれから気になって気になって更新してないかな?と何回もブログみてました(^^;)
いやいやうめままさん仕事やいろいろ忙しいはずだし焦るな自分!と言い聞かせながら(^^;)
おだやかなうめちゃんが先生に威嚇するなんて想像つかないですが、脱臼という初めて身に起こったことに戸惑い、とても神経質になっちゃってるんでしょうねi-238
ご飯食べないのは心配ですが、おうちに帰っていつものようにうめままさんやうめぱぱさんがそばにいてくれればきっとご飯も食べて元気になりますよi-236
うめままさんできるなら仕事休んでずっとうめちゃんのそばにいたかっただろうな(>_<)
以前あんずがご飯食べない日が2日くらい続いた時があって、その時はよっぽど仕事休もうかと思ったのですが、でも社会人・・・現実は厳しいものですi-232
病院に行って原因不明で(というかあんずの異常な病院嫌いのせいで先生に威嚇しまくりで診させてもらえなかったという・・・)でも結局食欲戻ってそれ以来変わらず食欲旺盛なので安心したのですがi-190
元気になったうめちゃんの姿、早く見れますようにi-228i-189
うめままさんの大きな愛情、うめちゃんにいっぱい届いてると思いますよi-80

うめちゃん!順調そうで良かったですが
食べないのは心配ですね~

無事回復を祈ってますよ^^

うめままさんも大変でしょうが
頑張ってくださいね~^^

うめちゃん、元気そうでなによりです。

食べないのと先生に威嚇するのは心配ですね。
知らない人がいるし、心細かったんでしょうね。

うめちゃん頑張ってね~。
早く良くなってね~(=^ェ^=)

こんにちは。

うめちゃん!わりと病院でも大丈夫そうで よかったよかった(^.^)
うめままさんの 心の動揺が 伝わってきました
私だったら どうなるだろうと 思ってしまいました
うめちゃんがママを忘れるわけないじゃないですか~(>_<)
心配しすぎですよ ふふ
でも 大事な子どもですから 仕方ないかな・・・
これからも うめちゃんの 容体は 心配ですが
笑顔を見せてあげて 元気づけてあげてくださいね(^_-)-☆
応援してます!

今は 思い出すと悔やんで、先を考えると心配で、の繰り返しかもしれないですが、動物さんの治癒力は人間が考える以上に高いって もーちゃんを通じて学びました。
もーちゃんは ウサギさんだから手術難しいって言われ、普通に動けるまで 時間かかりました。それでも 脱臼し外れたままの所に自然と筋肉がまきつき治っていきました。自然にまかせても 素晴らしい回復をしたのだから 手術をきちんとしたうめじろう君はもっと早く治っていきますよ(^_-) 
それに 事故が起きたときにパニクッた子の気持ちを 痛いほどわかるのは まま&ぱぱ しかないので落ち着かせてあげられるのも 2人。。
希生君も とっても寂しい思いをしてたはず。。
皆 が 揃ったとき 何倍も 家族の楽しさと嬉しさと思いやり・・色んなものが 増えていくので 頑張って今を乗り越えてくださいねv-238  

あんママさんへ

こんにちは!
気にしていただいて、本当にありがとうございます❤
ほんとに、、、仕事ってしなくちゃこういったときに病院にも連れていけないので必要なんですよね。。
でも、人間同士のこと、たかが猫と思っている人も中にはいるわけで・・・
なかなか簡単に休めず、早退遅刻もものすごく気を使います。。。
わたしも動物看護師だったら良かったのに!と思わず安易な考えに走ってしまいました(^^;)

あんちゃんも病院嫌いですか・・
たいがいそうですよね。。
動物病院の先生も、治してあげてるのに威嚇されるんですから、ほんとごめんなさい!です(^^;)
うめもしっかり爪切られてました。

まだ治療中なので元気いっぱいというわけではありませんが、自然の力を信じ、時には心を鬼にして!←これが一番の難関だったり・・・
頑張ります!!
ありがとうございます(^^)❤

barusaさんへ

こんにちは!
ご心配ありがとうございます^^

うめは家に帰ってたまってた欲望をすべて吐き出しているように思えます。。
やっぱり病院は嫌だったんだなとつくづく。。。
ごはんもちゃんと食べてくれています(^^)

あとはゲージに慣れてもらうことと、わたしが心を鬼にすることです(^^;)
barusaさんもポンくんの病気発覚の時はさぞかし心配され、心が折れそうな気持ちを何度も味わわれたんだろうな・・・・と思いました。
そういう点ではうちだけじゃないし、もっと長期で大変なケースもあるわけで。

わたしがしっかりしないといけないですね!!
がんばります!!

ヨモすずさんへ

こんにちは!
ありがとうございます^^

とりあえず、洩らしましたが、今はゲージの中で寝てくれています。
朝ご飯もお水もガツガツ飲食してくれました❤

治らないことではないですので、気をしっかり、頑張っていきます^^

jibouさんへ

こんにちは!
ご心配ありがとうございます^^

無事に連れて帰ってきました。
病院ではしっかり自分を押し殺していたためにおとなしかったようで(^^;)
家に帰って洩らすはご飯お水ガブガブだわ、ダメというのに高いとこ登って行くわ、そしてやっぱり落ちるわ(≧Д≦)
こっちが泣きそうです(泣きましたがーー;)

でも、今ゲージで体を伸ばして寝ているのを見ると、やっぱり連れて帰ってきてよかったと思います。
明日からの留守番が心配ですが、今日一日がんばってゲージに慣れてもらいます(≧Д≦)
がんばれ、うめ!!

おかあさんさんへ

こんにちは!
も~ちゃんの経験は今のわたしにとってとても励みになります!
ありがたいです(≧Д≦)

うささんは手術が難しいなんて・・・
何かあったら怖いではないですか・・・!
脱臼したままで自然治癒したって話、ネットで今回いろいろ調べてみたら、「お金がかかるから」と放置して治した?という人がいて、すごく気分が悪くなりました。
猫ならちゃんと治療してあげれるのに・・・
も~ちゃんだってできれば治療してあげたかったですよね(;;)
さぞかしおかあさんさんも心配されたと思うと、今のわたしには心が2倍痛いです。。

でも、今ああして元気なも~ちゃんをみてると、とても励みになります^^
うめも今は気持ち悪いテーピングですが、ちゃんと外せる日が来るし、歩ける日も来ます。
高いところはわたしがこわいですが・・・あとジャイアンの突進(≧Д≦)

でも、おびえすぎてたら彼らの猫生、楽しさ半減しちゃうので気を付けつつも、前向きに行こうと思います!!
希生もたしかに寂しかったのか??やたらうめに飛び掛かろうとするので・・・
今はほんとやめてほしいです(≧Д≦)汗
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
家族になりませんか?
いつでも里親募集中
ぼくたちのこと

うめまま

Author:うめまま
うめと希生とゆずとの楽しく明るい日々を、「縁」ある方々に贈ります

(右)うめじろう(2009.12.1生):
ママ猫(テトラちゃん)のお腹にいるときに拾われ、優しい飼い主さんの元、母乳で育ったラッキーな子。
数か月間、女の子として育てられるが、途中で男の子と判明。
「うめ」→「うめざえもん~」→「うめじろう」となる。

  
(左)希生ーきいー(2011.6.10生)推定:
うめじろうのおばあちゃん・パパ猫のいるおうちの横の空き地で人為的なビニール袋に入れて捨てられていたところ、間一髪で保護される。3兄弟のうちの1にゃん。
不幸な生い立ちにもかかわらず、愛情ある方々に助けられたせいか何にも恐れないやんちゃな子に育つ。体調を崩しやすいのが気がかり。

(写真未)ゆず(2013.6.10ごろ生)
うめぱぱの会社の倉庫で同年10.10保護される。元は人に飼われていたと推測されたが探し人おらず、あっという間にうちの子になる。食欲がハンパなくなんでも口にするので大変危険な子^^;

ご訪問ありがとにゃんず
猫友ブログ&好きなブログ
うきゆにコメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
うめままにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。