スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀悼 ヨモ姫。


yomohime.jpg
 

1月28日の夜。
ヨモすずさんちのヨモさんが
虹の橋を渡りました。
ヨモとる~といっしょ 



昨年5月半ばに腫瘍が見つかり
治療を続けてきましたが、
5歳という若さで行ってしまいました。

闘病約7か月。
覚悟ができる期間があったとはいえ、
後半は駆け足のように弱っていく
その様子を見守り続けたヨモすず家には
とても辛い日々だったと思います。

ブログにはなるべく明るい記事を載せてくださっていましたが
見えない部分で苦しい思いをしてこられたと思います。
家族を亡くすというのは
想像しがたい苦痛だと思います。

それでも、最後には腫瘍もなくなり、
ヨモ姫自身の苦痛は少なかったのでは?と
予測されることが すこし救われます。

彼女も、多くの愛された猫さんたち同様、
小さな声で一言二言なにか話してか逝ったそうです。

譲渡会でもらわれた子。
命のリレーでやってきた子です。
彼女は間違いなく幸せでした。

あちこちで若くして逝ってしまう猫たちの話を聞くたびに
胸が痛くなりますが、それでもやはり
彼らには、楽しくかわいい姿を見せてくれたことを
感謝せずにはおれません。

今はただ、安らかに、
先にわたっていった仲間たちと一緒に
追いかけっこしたりじゃれあったり、まったりしていてほしいです。

心から ご冥福をお祈りいたします。。。


直接ヨモすずさんちへ行ってエールを送ってくださったり、
こちらにコメントをいただいた愛あるブロ友のみなさま、
本当にありがとうございましたm(__)m




そしてもう一つ。。

命のリレーの呼びかけに微力ながら拡散のお手伝いいたします。

福岡にて、無責任な人間による多頭崩壊発覚です。


詳しくは→TNR~博多ねこ~殺処分ゼロをめざして~



福岡と言えば、市長さんが殺処分ゼロを訴えておられるという話を
耳にしたことがあります。
しかしその裏で無責任な放置が現実には後を絶ちません。
もちろん、福岡だけではなく、日本中世界中に同じような問題があります。

こちらの団体は、里親募集にくわえて支援も受け付けておられるようです。
遠くて里親協力できなくても支援はできるかな?と思いました。

あちこちで見られているかもしれませんが、拡散希望です。

よろしくお願いいたします。







スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

しばらく、涙が
止まりませんでした。


昨日いたコが
今日いない。


「死」

ってそーゆーことなんですよね。


もし、そんな日が来たら
ちゃんと受け止められるかな…


ヨモさんのご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

No title

ヨモさんもご家族も ご立派でした。
ちゃんと看取ってあげるのも 飼い主の大事な仕事やもんね。
見守られて ヨモさんも不安無く旅立つことができたと思うよ。

これからは自由な身体で 元気に走り回れるね ヨモさん。

No title

ヨモちゃんの体調が悪化してから
私も覚悟はしてたのですが・・・
でもショックと悲しみが大きかったです・・・

でも宣告された余命を超えて生きたんですよね
ヨモちゃんも、ヨモすずさんご夫婦も頑張ったと思います

ヨモちゃんはとっても幸せに暮らしてた様子が伺えるので
今は苦しみから解放され、お空の上でのんびりとお昼寝でしょう^^

愛する家族を失うのは悲しい事ですが
後は時間が解決してくれますね。

No title

辛い話と……
余りに酷い話……

ヨモちゃんのご冥福を心より
お祈りさせて頂きます……合掌

No title

ヨモ姫さん、
旅立たれたのですね。
一時は、元気を取り戻してはるように思っていたんやけど。
病気の子を看取るのは、ほんとに辛い!!
一分でも長く傍にいて欲しいと思う気持ちと苦しみを強いているような辛い気持ちのせめぎ合いで心がぐちゃぐちゃになる。

ブログまでお邪魔したのですが、コメント残せませんでした、辛くて。
アンとよく似たヨモちゃん、頑張って「アリガトウ!」を言って逝かれたんやね。
ご冥福をお祈りします。

No title

そうですか。
ご冥福をお祈りします。

ヨモちゃんや飼い主さんには闘病生活7か月、長かったかな、短かったかな。
悲しみはすぐには癒えないけど、いつかよい思い出になるといいな。

私もいつ訪れるかしれないことの覚悟をもって、
猫を飼っている最中です。
にゃんずと笑うことも怒ることも、可愛がることも、頭に来ることも、
全部がいつかいい思い出になるように、毎日猫育てしてます^^
どこの飼い主さんも同じよね。

No title

今までヨモを応援して下さってありがとうございました。
火葬・埋葬を済ませてきました。
猫って骨だけだと小っさいんですね。
尻尾が長くてピーンとしてる子は尻尾の先まで骨があるんです。
るーはカギ尻尾だから先っぽはL字型なのかなぁ?
焼かれる時に『生き返るかもしれないから待って!』って言いそうになりました。
毛並みだって艶々だったし、肉球もプニプニしてたから。
でもやっぱり起きてこなかった・・・。
今は虹の橋のたもとで元気に走り回ってるかな?
ヨモはビビりだから、知らない子たちに囲まれて戸惑ってるかな?
時々、下を覗いてうちらの事を見守ってくれるかな?

ブロ友さんにはホントに救われました。
一つ一つのコメントが胸にしみて泣いていました。
いろんな方に悲しんで貰えたヨモは幸せだと思います。
うめままさんはじめ、たくさんの方々には感謝しきれません。
本当にありがとうございました。

No title

いつかくる別れ、別れなんて来なくてもいいのに。

ヨモちゃんは虹の橋に行って、今頃は元気な体を神様にもらって元気になっている頃でしょうね。
亡きシロも日に日に弱っていってました、異変に気づいて病院に行って2週間で旅立ってしまいました。


ヨモちゃんのご冥福をお祈りします。

No title

以前、うめままさんが書かれた記事を読んで、
初めてヨモさんの存在を知りました。

覚悟を決める時間が多少あったにせよ、
お別れは本当に辛いです。
例え、頭の中に「いつか、必ず訪れる日」と分かっていても。

ヨモさんのご冥福を
心よりお祈り申し上げます。

おじょさんへ

こんばんは。

ほんとにね。。。
昨日いた子がいないなんて、
果たしてわたしはその時乗り越えられるだろうか?
とやっぱり考えてしまいます。

そう思うと、少々いたずらっ子だろうが、いちいち邪魔されようが、
怒っちゃいかんと思ったりもするのです^^

出来るなら大往生で逝ってくれるよう、願うばかりです。

きゃぴさんへ

こんばんは^^

最後を看取ってあげること、ほんとそれもとても大事。
仕事中とか留守中とか、絶対嫌やわ(≧Д≦)

今回ヨモ姫は十分な治療を受けられたのが、まだ気持ちがホッとする部分です。
今はきっと安らかやね^^

baruさんへ

こんばんは。

最後、ぐぐっと体力が落ちていったのがわかりました。
一番近くで見ていた家族はとても辛かったと思います。
すぐに病院へ連れて行ったり、先生と相談し合ってというのも、大変だったと思います。
今回わたしも学ぶ点が多かったです。

でも、十分されたなという、悲しい反面納得したような気持ちもあります。
頑張ったヨモ姫に今安らかな時が流れてると思うと嬉しい気もするし。。
寂しさは残るけど、ヨモすずさんも一人じゃないから、きっと癒される日もそう遠くはないのでは?と考えます。。

ハナ母さんへ

こんばんは。

ありがとうございます。
なんでしょね、かたや最後まで看取った飼い主さん、
かたや放置した飼い主さん。
同じ悲しみでも質が違うとこうも・・・と思ってしまいます。
我らは前者の飼い主でありたいと思います。。

里さんへ

こんばんは。

友ニャンや友ニャンの友ニャンがなくなるたびに、
最後に一言二言鳴いていくという話を聞きます。
そんな時いつもモモさんのことが頭に浮かびます。
大往生した子も、一足先に行く子も、飼い主さんに愛された子はみんなちゃんとあいさつしてく。。
行かんといて!!って叫びたくなる。
でも行っちゃうんよね。。

悲しい話を聞くたびにうちのみんにゃを抱きしめます。
この感触忘れんっ!!ってすごい思うの。
だから動画も写真もすっごい撮るし^^

大好きやねんもんね^^

な~こさんへ

こんばんは^^

うん、おんなじ。
みんなニャンズとの思い出を大事にしてるし、毎日の彼らを見て安心したり癒されたり分かり合ったりして思い出作ってる~

ヨモすずさんちにも行ってくれはって、ありがとうございます。
みんな気持ちは同じやもんね。
毎日が当たり前だけど当たり前にならないよう、わたしも思い出づくりしよ^^

ヨモすずさんへ

こんばんは。
おつかれさまです。

そうなんや。。
うちの子らはほんなら、きっとしっぽ残るね^^
お骨拾いとか、ちゃんと人と同じようにしてくれるのが嬉しいです。
うちは許されるなら骨の一カケいただきたいな・・・

きっとヨモ姫の大きな穴がぽっかり空いてしばらく寂しいけど、
今はしょがないもんね。
十分尽くして、飼い主さんとして十分責任を果たされたと思います。
ゆっくり気持ちを整理してってください。
る~くんもいるしね^^
彼はきっとヨモ姫の分まで元気に生きてくれますよ^^

ツナまんさんへ

こんばんは。

あぐりさんとこに続く訃報で辛いですね。
シロちゃんはあっという間の旅立ちで、とてもつらい経験だったのですね。
弱って行ったり辛そうにしてるのは見てても辛いです。
若くて逝ってしまうのも、やるせない思いでいっぱいになります。
ただ救われるのは、虹の橋の向こうには痛みも苦しみもないこと。
ヨモ姫もみんなと会って、第2の猫生を楽しんでくれたらと願うばかりです。

まあさんへ

こんばんは。

あっという間に行逝ってしまう場合も、長く患う場合も、
どちらも辛いものがあります。
いつかどうしてもわかれる日が来るなら、やっぱり大往生で逝ってほしいと思います。
先のことはわからないけど・・・

今いるうちの子らと精一杯生きていこうと、今回また新たに思わせてもらいました。

No title

そうでしたか・・・
とうとう逝ってしまわれましたか
ご家族さまの想いを考えると胸が痛みます
私もそうだったけど、頭では覚悟はどこかにあるんです
でも、心がそれを受け入れようとしないんです
今でも逝った子達を思いだし
ベソをかいてる私が言うのもおかしなことだけど
思い出はそばにいますから・・・
今はたくさん涙を流して
そして笑顔をとりもどされますように。。。

ヨモさんのご冥福を心よりお祈りいたします
虹の橋はまた増えちゃいましたね
みんなで仲良くしてることでしょう・・・

No title

ヨモちゃん、一時期腫瘍も小さくなって回復に向かってたのに。。。
体調が悪くなって、歩けなくなって・・・
毎日ブログにお邪魔させてもらってましたが
ブログを開くたびに、ヨモちゃん・・・と思いながらいつも開けていました。
”虹の橋”という題名を見た瞬間、涙が溢れちゃいました。
小さな体でとても頑張ったヨモちゃん、
虹の橋では元気な姿に復活して、たくさんご飯たべて
みんにゃでいっぱい遊んで、たのしい毎日をすごしてるはずです☆
ママやパパやるーくん、そしてたくさんの猫友さんから愛されてるヨモちゃん、
幸せな猫生だった、そう言い切れると思います!
ヨモちゃん、安らかに・・・

にゃタさんへ

おはようございます。

また1ニャン虹の橋を渡ってしまいました。。
辛い現実ですが、虹の橋の話を知るとちょっと癒されます。
いつか必ず会えると思えば一時の別れ・・・!
今はそう思うよう努めて乗り越えねばならないんだと思います。

よその子でもこんなに悲しい気分なのに、我が子だとどうなっちゃうんでしょうね^^;
自分が怖いです。

あんママさんへ

おはようございます。

ほんとに。
一時はあっという間に抗がん剤も効いて、すこぶる健康に見えたのに、体力の回復と同時にガンも元気を取り戻して・・・
ほんと、憎らしい!と思いました。
お前の為に元気になってんじゃないよ!っていう気持ちになったわーー;

皮肉なことに、ヨモ姫の体に力がなくなると同時にガンも消えて、最後はあまり苦しまなかったようでした。
ちゃんとパパママに一言言ってから逝ったようだし。

せっかく無くなったんだから、元気になれば元に戻れるんじゃない?って思ったくらい。
でも、行っちゃったね。

今はただ、安らかにと願うばかりです。
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
家族になりませんか?
いつでも里親募集中
ぼくたちのこと

うめまま

Author:うめまま
うめと希生とゆずとの楽しく明るい日々を、「縁」ある方々に贈ります

(右)うめじろう(2009.12.1生):
ママ猫(テトラちゃん)のお腹にいるときに拾われ、優しい飼い主さんの元、母乳で育ったラッキーな子。
数か月間、女の子として育てられるが、途中で男の子と判明。
「うめ」→「うめざえもん~」→「うめじろう」となる。

  
(左)希生ーきいー(2011.6.10生)推定:
うめじろうのおばあちゃん・パパ猫のいるおうちの横の空き地で人為的なビニール袋に入れて捨てられていたところ、間一髪で保護される。3兄弟のうちの1にゃん。
不幸な生い立ちにもかかわらず、愛情ある方々に助けられたせいか何にも恐れないやんちゃな子に育つ。体調を崩しやすいのが気がかり。

(写真未)ゆず(2013.6.10ごろ生)
うめぱぱの会社の倉庫で同年10.10保護される。元は人に飼われていたと推測されたが探し人おらず、あっという間にうちの子になる。食欲がハンパなくなんでも口にするので大変危険な子^^;

ご訪問ありがとにゃんず
猫友ブログ&好きなブログ
うきゆにコメントありがとう
カテゴリ
月別アーカイブ
うめままにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。